土曜日をメインとしたメンタルコーチ(心理カウンセリング)ルームです。ちょっと散歩に出かける気持で気楽においでください。                 転んでも、二人三脚みたいに一緒に起きて、二人で笑いましょう。

東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』

HPは↓↓こちらです。 

 

FC2カウンター 

 

全記事表示 

全タイトルを表示 

最新記事 

 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

プロフィール 

小松うる

Author:小松うる
小松うる
心理カウンセラーです。

心理カウンセリングを勉強し始めたのは、
自分自身のためでした。

僕は37歳になるまで自分のことが嫌いで
自己否定しながら生きていました。

幼少期からの両親の教育方針を曲がって受け止めたのでしょう。
「お前なんか努力してもダメなんだ!中の下、価値のない人間だ!」
言われるたびに、反発してメチャクチに頑張ってました。

それが努力することにつながっていたし、
活動エネルギーの原料だったと思います。

ただ、それでは人生はうまくいかないのです。
なぜなら、自己否定は自分が幸せになることも
無意識に否定してしまうから。。。

そんな僕を見て友人が言ってくれたひと言で「変わろう」と決めました。

「大好きなとっても素敵なこまっちゃんは、
そのまますぐそこにいるんだよ」って言葉です。
友人は心理カウンセラーでした。

臨床心理学(カウンセリング、コーチンク゛など)の勉強も
その時始まりました。

同時に、心理カウンセリングを受け始めました。
初めて予約を入れるときの緊張したことと言ったら!!!

結局四年間、毎月々々
「もっと大好きになりたい!!」と思いつつ、
自分の話を聞いてもらっていました。


今はおかげさまで、こんな自分がとっても愛おしいです。


昭和40年生まれ

経歴
関西学院大学文学部卒業
日本カウンセラー学院http://www.therapy.jp/school/faq/
カウンセリングルーム
ホリスティック・ハート所属
http://www.therapy.jp/holistic_heart/index.shtml
認定心理療法士。認定心理カウンセラー

元日本映画学校スクールカウンセラー。

㈱マイ・カウンセラー 
 エグゼクティブ・プロデューサー
http://www.mycounselor.jp/index.php
「日本初のモバイルメール・カウンセリング開発」

そして、2008年7月、頑張っている社会人のメンタルリフレッシュ。
幸せな恋愛が叶う心理カウンセリングルーム。
心の疲れと癒しのスペース。

心理カウンセリング(メンタルコーチング)ルーム
「土曜日の散歩道」開設。

 

最新コメント 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

 

ブロとも申請フォーム 

このブログの読者になる

 

最新トラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

QRコード 

QRコード
 

RSSリンクの表示 

 

平本あきおさんCDのご紹介 

メンタルコーチ・心理カウンセリング本・CDのご紹介

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

【週刊 玄さんの命の玉手箱 vol.35】 

★ご注意。

 ここから下は、こまっちゃんの日々の日記とはちがいます。

 玄さんのサポートをなさっているSさんと昨年偶然お会いしました。

 「メルマガを読んでください」といってくださり登録していましたが、
 読者数があまり増えていないようです。


 僕も微力ながら、読者増加のお手伝いをさせていただきます。


 僕の活動は、目の前の人を大切に、自分の心に誠実に、
         日常の幸せに気づくことから喜びを見出すこと。


 玄さんの活動は、目の前の命を守る激しい活動。

 
 どちらも大切です。11月末くらいまで転載させていただきます。

 以下玄さんのメルマガです。

◆新宿駆けこみ寺の運営に、力を貸してください!◆

 現在、新宿駆けこみ寺がピンチです。

 駆けこみ寺の運営費は、相談料ではとてもまかなえません。
 駆けこんでくる人々の多くは、
 相談料も払えないほど追い詰められているからです。

 メルマガ読者のみなさんから寄せられた会費が、
 一人ひとりを救う助けになるのです。


※新宿駆け込み寺では、1円からの寄付をお待ちしております※

【三菱東京UFJ銀行 西新宿支店 普通 4928651】
【名義:NPO法人 日本ソーシャル・マイノリティ協会 代表 玄秀盛】

 以上の口座までお振込みいただければ幸いです。
 みなさまのお志をお待ちしております。



★ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ ★

 【週刊】新宿駆けこみ寺 玄さんの「命の玉手箱」 vol.35

★ ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ★


このメルマガは、新宿駆け込み寺こと
新宿救護センターの所長、玄秀盛が、
人助けのために発行するメルマガです。

いじめ・DV・家庭内暴力・虐待・自殺・家出
ヤミ金融・ストーカー・少年犯罪……

これらで苦しんでいる人が、世の中にはたくさんいます。

そんな被害者をたった一人でも救うために、
このメルマガを配信しているのです。



 ≪≪<目次>≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

  (1)玄さんの「玄理玄則」

  (2)泣いてもええねん・・・・・・新宿駆け込み寺24時
     ・ 玄さんの元に残った、一通の手紙。その裏に…

  (3)玄さんにまかしとき・・・・・玄さんのトラブル解決Q&A
     ・ 職場環境を変えたかったら、「一週間休め!」

  (4)編集後記

 ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪



┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┓
 (1)玄さんの「玄理玄則」
┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛

※このコーナーでは、玄さんの心の中に秘められた哲学・名言を、
 たった一行で紹介します。玄さんの原理原則、すなわち「玄理玄則」なのです。


<今週の玄理玄則>

「土を踏んで、生きる実感を得る」


自殺を考えたことがあるだろうか。

もしも、疲れ果てて死にたいと
相談に来る人がいたら、
俺は、一度田舎に帰ったらいい
とアドバイスしている。

悩んでいる人間というのは、いわば
心の「毛穴」が詰まっているようなものだ。

人間というのは、
土を踏みしめ、
新鮮な空気を吸って元気になる。
そうやって心の「毛穴」の詰まりが
取れるというわけだ。

田舎に故郷がない人は、
砂浜を素足で歩いてみるといい。
足の裏の感触が、次第に人間の生命力を
刺激するはずだ。

頭が疲れたときには、
それ以上、ぐるぐると同じことを
考えるのはやめて、
体の声をよく聞いてみることや。



┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┓
 (2)泣いてもええねん・・・・・・新宿駆け込み寺24時
┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛

DV(ドメスティックバイオレンス)というのも、
いろいろな種類がある。


以前妻に暴力を振るわれる夫の話をしたが、
今日も、少し変わったケースについて、話そうと思う。


ある日、180cmはあろうかという
若いイギリス人男性と、日本人女性の2人組みが
俺のところを訪ねてきた。

DVというから、当然
その日本人女性が被害者だと思った。

だが、どうやら話は違うらしい。


事情をよく聞いているうちに、
このイギリス人男性が被害者だと分かってきた。

日本人女性は、この男のための通訳として
付き添ってきた友人だったのだ。

加害者は、この男のパートナーの日本人男性。
つまり、ゲイのカップル。


加害者も男、被害者も男だからだろうか。
暴力もかなりひどいもので、
金属バットで直接殴られるらしい。

DVの相談に慣れている俺でも、
こんなにひどいケースはあんまり聞かんな。

パートナーは俳優で、
ちょうど地方のロケでいなかった。
そこで、俺はこのイギリス人を
急遽、関西の施設に逃がしたというわけや。


それから、数日して、
パートナーの加害者男性が
俺のところを訪ねてきた。
相手の居場所を聞きにな。

パートナーは、俳優というだけあって
かなりの男前だった。
見た限りでは、とても人に金属バッドを
振り下ろすように見えない。

そこで、いったいどんな理由で、
暴力を振るったのか、聞くと
その男はぽつり、ぽつりと事情を話しはじめた。


「玄さん、彼はエイズなんですよ。
本人もそれを知っているのに、
コンドームもつけずに、他の男を街で
拾っては、セックスをするんです。

浮気は心情的に許せない。
でも、それだけでは僕は彼を
殴ったりしない。

でもね、命にかかわるような、
ことを他人にする、あいつが
どうしても許せなかった。
思い余って、暴力をふるってしまいました。

僕はまだ彼を愛している。
手紙を書いたので、
彼と会う機会があったら渡してくれませんか?」



その男はそう言って、
俺に手紙を託して帰っていった。

暴力を振るう側にも、
それなりの
言い分はあるっていうわけや。


その後、イギリス人は
そのまま国へ帰っていった。
手紙は、渡せずじまいだ。

この日本人の男がどうしているかは、
俺は知らない。
そして、俺の手元にはその男の書いた
一通のラブレターが
今も残ったままや。




┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┓
 (3)玄さんにまかしとき・・・・・玄さんのトラブル解決Q&A
┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛

※このコーナーでは、皆さまから寄せられた玄さんへの質問にお答えします。


 ***********************


Q:

私は、あるメーカーで受付をしております。

様々なお客様が来て、一時も休まる暇がありません。
製品についての知識を勉強しなければならないのに、
その時間さえ満足に取れません。

でも上司は、
「外回りの営業をしている男性のほうが激務だ」
と言って、
次々と雑用を私に押し付けてきます。

こういってはなんですが、外回りの男性は、
息抜きをする暇もあるはずです。

上司にこの大変さをわかってもらうには
どうしたらいいでしょうか。
(東京 I 40歳)



 ***********************



最近じゃ、かなり専門的につっこんだクレームもあるからな。

本来なら製造部門にホットラインを引いてもらって、
その部門の専門家に直接話してもらうのが一番いい。

受付に全ての対応をさせるには、無理があると俺も思う。

ホットラインが叶わなかったら、
客に知識が足りないことを正直に伝え、
少し待たせた上で、上司に聞くなりして、
対応をするのが本来の筋だろう。


でも、上司に働きかけても職場環境が変わらず、
本当に自分の大変さを実感してもらいたかったら…


1週間ぐらい休んでみたらいいんじゃないだろうか。


親戚に不幸があったとでも言って1週間休んでみたら、
自分がどの程度、
会社にとって必要な働きをしているかわかる。

もしも、自分がいなくなって、
職場が立ち行かなくなったとする。
周りの人間は、
あなたがどれだけ重要な仕事をしていたか、
思い知るだろう。

あなた自身にとっても、
不満をためてストレスでダウンする前に、
いいリフレッシュ休暇にもなるだろう。


でも、自分がいなくて、
それほど困っていなかったら、
単に自分の知識不足や力不足なのかもしれん。

そんなときは、一度自分の仕事に対する認識を修正する
必要があるかもしれんな。




 ★☆お願い☆★☆★☆★☆★☆★☆★


◆新宿駆けこみ寺では、1円からの寄付をお待ちしております


現在、新宿駆けこみ寺では、毎月100万の経費がかかっています。
ところが、相談料ではそのうちわずか20万しかまかなえていません。

今も、ここに駆けこんでくる人が毎日のようにいます。
その中には家出少女もいれば、DVで苦しむ女性もいます。
そういった人々の多くは、相談料も払えないほど追い詰められているのです。

メルマガ読者のみなさんからお寄せいただいた寄付金が、
こうした人びとを救う助けになります。


※新宿駆けこみ寺では、1円からの寄付をお待ちしております※

【三菱東京UFJ銀行 西新宿支店 普通 4928651】
【名義:NPO法人 日本ソーシャル・マイノリティ協会 代表 玄秀盛】

 以上の口座までお振込みいただければ幸いです。

 みなさまのお志をお待ちしております。


 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



≪≪☆さらにお願い☆≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

ほんとうに困っている知人や友人が、
あなたの身の回りにいませんか?

もしいたら、そんな人このメルマガを、
ぜひ転送してあげてください。

≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  発行者 : NPO法人日本ソーシャル・マイノリティ協会
         新宿救護センター

   ◆ 新宿救護センターHP→ http://jsma.jp/020/index.php

   ◆ 新宿救護センターでは、どんな相談でもお待ちしております!
     電話受付 : 03-5291-5720
     メール受付 : info@jsma.jp
    (ただし、メールでのご相談は受け付けておりません)

   ◆購読・一発解除はこちらから
    http://archive.mag2.com/0000258893/index.html
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



◎玄さんの「命の玉手箱」~幸せはここにある~
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000258893/index.html
このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます

 
2008/10/31 17:30|玄秀盛さんTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://positiko.blog17.fc2.com/tb.php/96-8762d23e
Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。