土曜日をメインとしたメンタルコーチ(心理カウンセリング)ルームです。ちょっと散歩に出かける気持で気楽においでください。                 転んでも、二人三脚みたいに一緒に起きて、二人で笑いましょう。

東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』

HPは↓↓こちらです。 

 

FC2カウンター 

 

全記事表示 

全タイトルを表示 

最新記事 

 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

プロフィール 

小松うる

Author:小松うる
小松うる
心理カウンセラーです。

心理カウンセリングを勉強し始めたのは、
自分自身のためでした。

僕は37歳になるまで自分のことが嫌いで
自己否定しながら生きていました。

幼少期からの両親の教育方針を曲がって受け止めたのでしょう。
「お前なんか努力してもダメなんだ!中の下、価値のない人間だ!」
言われるたびに、反発してメチャクチに頑張ってました。

それが努力することにつながっていたし、
活動エネルギーの原料だったと思います。

ただ、それでは人生はうまくいかないのです。
なぜなら、自己否定は自分が幸せになることも
無意識に否定してしまうから。。。

そんな僕を見て友人が言ってくれたひと言で「変わろう」と決めました。

「大好きなとっても素敵なこまっちゃんは、
そのまますぐそこにいるんだよ」って言葉です。
友人は心理カウンセラーでした。

臨床心理学(カウンセリング、コーチンク゛など)の勉強も
その時始まりました。

同時に、心理カウンセリングを受け始めました。
初めて予約を入れるときの緊張したことと言ったら!!!

結局四年間、毎月々々
「もっと大好きになりたい!!」と思いつつ、
自分の話を聞いてもらっていました。


今はおかげさまで、こんな自分がとっても愛おしいです。


昭和40年生まれ

経歴
関西学院大学文学部卒業
日本カウンセラー学院http://www.therapy.jp/school/faq/
カウンセリングルーム
ホリスティック・ハート所属
http://www.therapy.jp/holistic_heart/index.shtml
認定心理療法士。認定心理カウンセラー

元日本映画学校スクールカウンセラー。

㈱マイ・カウンセラー 
 エグゼクティブ・プロデューサー
http://www.mycounselor.jp/index.php
「日本初のモバイルメール・カウンセリング開発」

そして、2008年7月、頑張っている社会人のメンタルリフレッシュ。
幸せな恋愛が叶う心理カウンセリングルーム。
心の疲れと癒しのスペース。

心理カウンセリング(メンタルコーチング)ルーム
「土曜日の散歩道」開設。

 

最新コメント 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

 

ブロとも申請フォーム 

このブログの読者になる

 

最新トラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

QRコード 

QRコード
 

RSSリンクの表示 

 

平本あきおさんCDのご紹介 

メンタルコーチ・心理カウンセリング本・CDのご紹介

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

【週刊 玄さんの命の玉手箱 vol.34】 

★ご注意。

 ここから下は、こまっちゃんの日々の日記とはちがいます。

 玄さんのサポートをなさっているSさんと昨年偶然お会いしました。

 「メルマガを読んでください」といってくださり登録していましたが、
 読者数があまり増えていないようです。


 僕も微力ながら、読者増加のお手伝いをさせていただきます。


 僕の活動は、目の前の人を大切に、自分の心に誠実に、
         日常の幸せに気づくことから喜びを見出すこと。


 玄さんの活動は、目の前の命を守る激しい活動。

 
 どちらも大切です。

 以下玄さんのメルマガ。



◆新宿駆けこみ寺の運営に、力を貸してください!◆

 現在、新宿駆けこみ寺がピンチです。

 駆けこみ寺の運営費は、相談料ではとてもまかなえません。
 駆けこんでくる人々の多くは、
 相談料も払えないほど追い詰められているからです。

 メルマガ読者のみなさんから寄せられた会費が、
 一人ひとりを救う助けになるのです。


※新宿駆け込み寺では、1円からの寄付をお待ちしております※

【三菱東京UFJ銀行 西新宿支店 普通 4928651】
【名義:NPO法人 日本ソーシャル・マイノリティ協会 代表 玄秀盛】

 以上の口座までお振込みいただければ幸いです。
 みなさまのお志をお待ちしております。



★ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ ★

 【週刊】新宿駆けこみ寺 玄さんの「命の玉手箱」 vol.34

★ ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ★


このメルマガは、新宿駆け込み寺こと
新宿救護センターの所長、玄秀盛が、
人助けのために発行するメルマガです。

いじめ・DV・家庭内暴力・虐待・自殺・家出
ヤミ金融・ストーカー・少年犯罪……

これらで苦しんでいる人が、世の中にはたくさんいます。

そんな被害者をたった一人でも救うために、
このメルマガを配信しているのです。



 ≪≪<目次>≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

  (1)玄さんの「玄理玄則」

  (2)泣いてもええねん・・・・・・新宿駆け込み寺24時
     ・ 玄さんも時には騙される。そこで学んだこと

  (3)玄さんにまかしとき・・・・・玄さんのトラブル解決Q&A
     ・ 玄さん流「ご近所トラブルに悩まされない秘訣」とは

  (4)編集後記

 ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪



┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┓
 (1)玄さんの「玄理玄則」
┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛

※このコーナーでは、玄さんの心の中に秘められた哲学・名言を、
 たった一行で紹介します。玄さんの原理原則、すなわち「玄理玄則」なのです。


<今週の玄理玄則>

「石ころは、石ころ」



俺のところに来る相談者は、
みんな一様に、
目の前に現れた問題に、
とらわれすぎて、思考が硬直化している。

たとえば問題を、
道に落ちている石ころだとする。

前に進む道は、3通り。

よけるか、
けとばすか、
ふみこえるか
そのどれかや。

なのに、石ころを見て、
これは誰が置いたのか、
何のために石ころはあるのか、
これにつまづいたらどうするのか、
これは、誰かの悪意なのではないか、
考えすぎる。

とらわれすぎや。
石ころは、石ころ。
それ以上でも、それ以下でもない。

俯瞰し、遠めから見てみたら、
それは、そんなに大きなものと
違うと思う。

そのことに、気づけるか、
気づけないかが、分かれ道だ。

気づけたら、問題は解決したも同じや。



┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┓
 (2)泣いてもええねん・・・・・・新宿駆け込み寺24時
┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛


今日は、俺もすっかりだまされた、
とんでもない“被害者”の話。


もう4年前のことになるかな。
沖縄から母親と子どもが逃げてきた。
夫からDVで、ひどい暴力を振るわれている
っていうわけや。

俺も、かわいそうで、
東京の竹芝桟橋まで迎えに行った。
すると、母親と息子が、船から下りてきた。

その哀れな母親は、
小さな男の子と、
鳥かごに入れたインコを連れていた。

男の子はぺこりと頭を下げるし、
インコはピイピイ鳴いている。
さすがの俺も、ころっとだまされてしまった。

すっかり、
「守ってやらなければ」
という気持ちにさせられたというわけ。


早速シェルターを紹介して、そこに落ち着かせた。
しかし、しばらくたつと、だんだんと、
その母親は本性を現しはじめたんや。

いろんなところから、その母親は
「1万円貸してくれ」
「3万円だけ貸してくれ」
と、お金を借りたあげく、
子どもを置いて、二晩も名古屋に遊びに行ってしまった。

驚いて、シェルターの職員が事情を聞くと、
「ちょっと、名古屋の町を観光したかったから」
と言うんや。あきれるわ。

この母親、被害者を守るシェルターを、
託児所がわり、ホテル代わりに使っていたわけや。


結局その女は2ヶ月もそのシェルターに居座りつづけ、
俺が、その話を聞いて急いでその母親に会いに行くと、
タッチの差でとんずらだ。

そして、隣の区のシェルターに行き、
「今までいたシェルターで虐待を受けた」
と触れ回ったそうだ。


そうやって、各地を転々と人をだましながら
暮らしているんだろう。

俺はあの子どものことが気がかりでしかたがない。
あの子は、泣きもしなかった。
幼いにもかかわらず、人見知りしなかったのは、
そういう暮らしが長かったからなのかもしれないな。

今でも、あの親子がカゴに入れたインコを提げて、
どこかをあてもなく
さまよっているに違いない。

俺はそれ以来、哀れな姿=かわいそうな被害者
というレッテルを貼らないようにしている。
そのままの姿を、そのまま観るようにしている。

「かわいそう」
でもなく、
「あわれ」
でもなく、そのまんまな。

つまり、第一印象から受ける感情に
「とらわれない」
ということだ。


世の中、いろんな奴がいるからな。
その一件で、俺も学ぶことがあったわ。



┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┓
 (3)玄さんにまかしとき・・・・・玄さんのトラブル解決Q&A
┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛

※このコーナーでは、皆さまから寄せられた玄さんへの質問にお答えします。


 ***********************

Q&

玄さんに質問です。
隣家の人が、私の家の塀を壊すなど、
嫌がらせをしている気がします。

こういう時、自分はいったい
どんな手段を講じればいいでしょう。

           神奈川県 主婦 45歳


 ***********************


最近よく聞く「ご近所トラブル」やな。

いやがらせをしている「気がします」じゃ、
どういう手段を講じていいかわからん。

こういう時は、まず何が起こっているかを、
防犯カメラを設置して撮影し、必要とあらば
警察にそれを見せて、法的手段を取ること。


こういう時、
気をつけなければならないのは、
疑心暗鬼や。

さっきも言ったが、「石ころは石ころ」。
起こっていること以上の恐怖や不安を
抱きすぎないように、冷静に対処することも必要。

先日、俺のところにな、
やっぱり同じような相談があったばかりや。

そいつのアパートの扉には、
必ず、コンビニで買った
食料品がビニール袋に入ったままで
フックにかけられているそうだ。
牛乳や、パンや、お菓子なんかがな。

それで、相談者はすっかり気持ちが悪くなって、
「玄さん、これにはどんな意味があるんでしょう」
と相談してきたというわけだ。

これ、何だったと思う?

実は、上の階に住んでいる人間の知り合いが、
買い物を頼まれて、
それをフックにかけて帰っていただけだった。
上の階の部屋と相談者の部屋を間違ったんや。

人間は時々、起こっている事象よりも
大きな恐怖や不安を抱くもの。

客観的に観る。
証拠を集め、的確に判断する。
それは、どんなときでも大切なことやで。

思いつめて、不安や疑いで、何倍にも
大きくしないようにな。




 ★☆お願い☆★☆★☆★☆★☆★☆★


◆新宿駆けこみ寺では、1円からの寄付をお待ちしております


現在、新宿駆けこみ寺では、毎月100万の経費がかかっています。
ところが、相談料ではそのうちわずか20万しかまかなえていません。

今も、ここに駆けこんでくる人が毎日のようにいます。
その中には家出少女もいれば、DVで苦しむ女性もいます。
そういった人々の多くは、相談料も払えないほど追い詰められているのです。

メルマガ読者のみなさんからお寄せいただいた寄付金が、
こうした人びとを救う助けになります。


※新宿駆けこみ寺では、1円からの寄付をお待ちしております※

【三菱東京UFJ銀行 西新宿支店 普通 4928651】
【名義:NPO法人 日本ソーシャル・マイノリティ協会 代表 玄秀盛】

 以上の口座までお振込みいただければ幸いです。

 みなさまのお志をお待ちしております。


 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



≪≪☆さらにお願い☆≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

ほんとうに困っている知人や友人が、
あなたの身の回りにいませんか?

もしいたら、そんな人このメルマガを、
ぜひ転送してあげてください。

≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  発行者 : NPO法人日本ソーシャル・マイノリティ協会
         新宿救護センター

   ◆ 新宿救護センターHP→ http://jsma.jp/020/index.php

   ◆ 新宿救護センターでは、どんな相談でもお待ちしております!
     電話受付 : 03-5291-5720
     メール受付 : info@jsma.jp
    (ただし、メールでのご相談は受け付けておりません)

   ◆購読・一発解除はこちらから
    http://archive.mag2.com/0000258893/index.html
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◎玄さんの「命の玉手箱」~幸せはここにある~
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000258893/index.html
このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます

 
2008/10/24 18:15|玄秀盛さんTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://positiko.blog17.fc2.com/tb.php/88-6d5daf9b
Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。