土曜日をメインとしたメンタルコーチ(心理カウンセリング)ルームです。ちょっと散歩に出かける気持で気楽においでください。                 転んでも、二人三脚みたいに一緒に起きて、二人で笑いましょう。

東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』

HPは↓↓こちらです。 

 

FC2カウンター 

 

全記事表示 

全タイトルを表示 

最新記事 

 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

プロフィール 

小松うる

Author:小松うる
小松うる
心理カウンセラーです。

心理カウンセリングを勉強し始めたのは、
自分自身のためでした。

僕は37歳になるまで自分のことが嫌いで
自己否定しながら生きていました。

幼少期からの両親の教育方針を曲がって受け止めたのでしょう。
「お前なんか努力してもダメなんだ!中の下、価値のない人間だ!」
言われるたびに、反発してメチャクチに頑張ってました。

それが努力することにつながっていたし、
活動エネルギーの原料だったと思います。

ただ、それでは人生はうまくいかないのです。
なぜなら、自己否定は自分が幸せになることも
無意識に否定してしまうから。。。

そんな僕を見て友人が言ってくれたひと言で「変わろう」と決めました。

「大好きなとっても素敵なこまっちゃんは、
そのまますぐそこにいるんだよ」って言葉です。
友人は心理カウンセラーでした。

臨床心理学(カウンセリング、コーチンク゛など)の勉強も
その時始まりました。

同時に、心理カウンセリングを受け始めました。
初めて予約を入れるときの緊張したことと言ったら!!!

結局四年間、毎月々々
「もっと大好きになりたい!!」と思いつつ、
自分の話を聞いてもらっていました。


今はおかげさまで、こんな自分がとっても愛おしいです。


昭和40年生まれ

経歴
関西学院大学文学部卒業
日本カウンセラー学院http://www.therapy.jp/school/faq/
カウンセリングルーム
ホリスティック・ハート所属
http://www.therapy.jp/holistic_heart/index.shtml
認定心理療法士。認定心理カウンセラー

元日本映画学校スクールカウンセラー。

㈱マイ・カウンセラー 
 エグゼクティブ・プロデューサー
http://www.mycounselor.jp/index.php
「日本初のモバイルメール・カウンセリング開発」

そして、2008年7月、頑張っている社会人のメンタルリフレッシュ。
幸せな恋愛が叶う心理カウンセリングルーム。
心の疲れと癒しのスペース。

心理カウンセリング(メンタルコーチング)ルーム
「土曜日の散歩道」開設。

 

最新コメント 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

 

ブロとも申請フォーム 

このブログの読者になる

 

最新トラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

QRコード 

QRコード
 

RSSリンクの表示 

 

平本あきおさんCDのご紹介 

メンタルコーチ・心理カウンセリング本・CDのご紹介

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ご両親と向き合うこと 

人は、一人では生きていけない。

一番最初に、この世に生まれてきたときに、
母の腕の中に抱きしめられているのです。


あるいは、こんな言葉を聞いたことがありませんか。

「人はこの世にでてくるときに、
 お父さんとお母さんを、選んで生まれてきているのです」


  ☆  ☆


うちの母は、お土産を持たせるのが当たり前と思っている。

先日も、ちょっと様子見にのぞきに行くと、
「これ持っていき~」

と、ぶどうをひと房。

「ありが」までいうと、

あれもあった。
これもあったと、台所中の収納を開いて出してくる。


以前は、「全部いらんっ!!」と返事をしていたけれど
僕も丸くなりました。


「ありがとん。ありがとん。ついでにこれもいい?」

(欲張りです)


    ★  ★


拒否するよりも、感謝していたほうがいいのかも知れません。


いらないものを断るのもあり。
いらないと思っても、相手次第では、ありがとうと受け取るのもあり。


その時、心の内では、自分の答えをしっかり持っていること。

「今は、いらないけど、相手の顔を立てよう」とか、
「断っても大丈夫だから、ここは、自分の気持ちを出そう」とか。


円満に解決すると、自分に幸せが訪れるはずです。

なぜなら、それが、「円」と「満」だから。


円は、サークル。
巡り巡って、感謝はいつか帰ってきます。

満は、満タン、フルタンク。
器からあふれた水は、余禄です。

相手が満足すれば、あふれた気持ちは幸せ感。
その余禄を受け取る時が来ます。


だから、いつでもゆっくりと構えて、
ただ感謝していればいいのです。


   ★  ★


すべては巡り合わせ。

あなたは、あなたの巡りあわせ。
(今振られて落ち込んでも、やがては幸せになっている)


両親の愛情は、時に疎ましく、時に暑苦しい。
でもね、あなたを愛しているということは理解しておくことです。


つかず離れずでいいのです。

大人なんですから。




★  ★

 
『土曜日の散歩道』
あなたはあなたの感じるままでいいのです。
気楽にこころに夢の中を散歩させてみましょう!!

感想やコメントをいただくとうれしいです。
メールアドレスはこちらです。
sanpo301@gmail.com
ホームページはこちらです。
http://positiko.web.fc2.com/

http://form1.fc2.com/form/?id=421229
いつも、ワンクリックありがとうございます。
banner2.gifにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ  
2009/09/23 15:12|小さな勇気TB:0CM:2
コメント
こまっちゃんへ^^♪
以前にもこのブログでお母様の「これ持っていき~」とお土産を持たせてくださるお話を
紹介してくださっていましたね。

そして、そのお母様の愛(お土産)を「ありがとう」と受け取れるようになった、こまっちゃんの親孝行に

温かく積み上げてきた親子の歴史を感じて私も温かくなりました。

ありがとう!

お土産の品物の中にある、お母様のこまっちゃんへの、ひとつの愛の表現に
「ありがとう」と、母さまを抱きしめてあげれるほどに

懐も大きく成長した息子(こまっちゃん)の親を越えた包容力を感じます。

「ありがとう」といくつになっても息子から甘えてもらってる感を母さまも感じて、
いくつになっても、親をさせてもらえることに
我が子との「お土産」を通したふれ愛に喜びを感じていらっしゃるだろうな~♪

はい(^o^)/

私も今、20歳の息子とそんな場面を繰り返していくだろう~
温かい気持ちをこまっちゃんから頂きました。
海やん #-|2009/09/25(金) 07:40 [ 編集 ]
Re: こまっちゃんへ^^♪
海やんさまへ

きっと、海やんさんも息子さんと

ずっとずっと、

「ありがとう」と

「いってらっしゃい」を繰り返しているのでしょうね。

海やんさん「ありがとうございます」

小松ひろゆき #-|2009/09/25(金) 08:59 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://positiko.blog17.fc2.com/tb.php/464-2ab2c326
Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。