土曜日をメインとしたメンタルコーチ(心理カウンセリング)ルームです。ちょっと散歩に出かける気持で気楽においでください。                 転んでも、二人三脚みたいに一緒に起きて、二人で笑いましょう。

東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』

HPは↓↓こちらです。 

 

FC2カウンター 

 

全記事表示 

全タイトルを表示 

最新記事 

 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

プロフィール 

小松うる

Author:小松うる
小松うる
心理カウンセラーです。

心理カウンセリングを勉強し始めたのは、
自分自身のためでした。

僕は37歳になるまで自分のことが嫌いで
自己否定しながら生きていました。

幼少期からの両親の教育方針を曲がって受け止めたのでしょう。
「お前なんか努力してもダメなんだ!中の下、価値のない人間だ!」
言われるたびに、反発してメチャクチに頑張ってました。

それが努力することにつながっていたし、
活動エネルギーの原料だったと思います。

ただ、それでは人生はうまくいかないのです。
なぜなら、自己否定は自分が幸せになることも
無意識に否定してしまうから。。。

そんな僕を見て友人が言ってくれたひと言で「変わろう」と決めました。

「大好きなとっても素敵なこまっちゃんは、
そのまますぐそこにいるんだよ」って言葉です。
友人は心理カウンセラーでした。

臨床心理学(カウンセリング、コーチンク゛など)の勉強も
その時始まりました。

同時に、心理カウンセリングを受け始めました。
初めて予約を入れるときの緊張したことと言ったら!!!

結局四年間、毎月々々
「もっと大好きになりたい!!」と思いつつ、
自分の話を聞いてもらっていました。


今はおかげさまで、こんな自分がとっても愛おしいです。


昭和40年生まれ

経歴
関西学院大学文学部卒業
日本カウンセラー学院http://www.therapy.jp/school/faq/
カウンセリングルーム
ホリスティック・ハート所属
http://www.therapy.jp/holistic_heart/index.shtml
認定心理療法士。認定心理カウンセラー

元日本映画学校スクールカウンセラー。

㈱マイ・カウンセラー 
 エグゼクティブ・プロデューサー
http://www.mycounselor.jp/index.php
「日本初のモバイルメール・カウンセリング開発」

そして、2008年7月、頑張っている社会人のメンタルリフレッシュ。
幸せな恋愛が叶う心理カウンセリングルーム。
心の疲れと癒しのスペース。

心理カウンセリング(メンタルコーチング)ルーム
「土曜日の散歩道」開設。

 

最新コメント 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

 

ブロとも申請フォーム 

このブログの読者になる

 

最新トラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

QRコード 

QRコード
 

RSSリンクの表示 

 

平本あきおさんCDのご紹介 

メンタルコーチ・心理カウンセリング本・CDのご紹介

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

全ては幸せへ繋がる道。 

十五歳のこまっちゃんがいます。

郵便ポストの前に立ってじっとしています。

よく観察してみたら、彼は赤いポストの口に手を入れてました。

それも五分くらい。

ただ、じっと、ポストの口に手を入れて。。。


傍からみたら、ただの変な少年です。
彼は、周りのことを散々考えた挙句にした行動がそれだったのです。

彼の手には、昨日の夜にやっと書きあげたラブレターが掴まれていたのでした。

書きあげて、通学途中のポストに入れたけれど、
このままだと相手の女の子に届いてしまう。

どうしよう。
どうしよう。
どうしよう。
どうしよう。

どっどーーーん!!!


体は直立。
心臓は、耳の横に来ていました。
汗が出て、頭は冷静なのか、のぼせいてるのか、
ポストだけが赤いのではなくて、
彼の顔も赤かった。


    ☆  ☆


結局、その手紙、数分後には、
ポストのお腹に「サクッ」と落ちて行きました。


そのあと一週間くらい、放心していたと思います。

手紙を出せた自分に、
「ガッツポーズ」したけれど腕に力が入っていない。。。


笑顔が硬直してぎこちない。

なぜか母に見透かされたような気がして、
ご飯を行儀よく食べてしまう。。。


「あんた、なんか変よ?」 by母。


  ☆  ☆


数日後、僕に手紙が届きました。


裏を見ると、きっちりと糊がしてあり、
女の子の名前が書いてあるではないか!!!


(母の観察眼は鋭いです)



冷静を装い、自分の部屋にこもり、
手紙の表紙を眺めました。


どうしたらいいのか?
どうしたいのか?

十五歳のこまっちゃん!!!


彼は、まず決めました。

「風呂に入ろう。うん」
入りました。


次に決めました。
「ご飯、たべよう。うん」


次に決めたことがあります。
「勉強しよう。うん」


でも、勉強は手につきませんでした。


そっと、手紙を開きました。
そこには、ラブレターへの返事か書いてありました。
「他に好きな人がいます。。。こまつさんも幸せになってください」


あ゛ぁ゛ー゛ーーーーーー。


   ☆  ☆


このときの、彼は、不幸のずんどこでした。
ショックは図りしれないくらい大きかった。

でもね、

今振り返ってみて、

彼は、とっても幸せ者だったと確信しています。


なぜなら、
彼は、誰かを好きになれる心の持ち主だからです。

なぜなら、
彼は、青春のど真ん中にいられたからです。


好きですと言えたから。
自分からアプローチしたから。


  ☆   ☆


あなたが恋しているとして、
相手のメールアドレスや携帯の番号を聞き出すのに
ドキドキと不安になったり、
自分が好きになったりしたら迷惑だと考えたりしているとしたら。


それは、あなたの心が、若いということ。

青春真っただ中だということ。

そして、恋愛体質であるということ。

人の心の繊細な部分、機微がわかるということ。

そして、何よりも、一生で何度かしか経験できない
ハートの鼓動を感じているまさにその瞬間にいるということ。

そのように思います。


   ☆  ☆


いい年して。。。

なんて思う必要ありませんよ。


もし振られたら?

ただ、タイミングが合わなかっただけ。
ただ、あなたには合わない人だっただけです。


ただし、親友になるチャンスでもあります。


  ☆   ☆


山を登るときは、途中の景色を楽しむ。

恋をしているときは、あなたの輝きが増しているとき。

あなたは、あなたのままでいいのです。


新しいステージに登り始めたあなたの歩く道は、
全て幸せへ繋がっています。

そのままのあなたを愛おしく抱きしめてあげてください。


メールありがとうございます。
応援していますよ。


  ★  ★
 
『土曜日の散歩道』
あなたはあなたのままでいいのです。
気楽にこころに散歩させてみましょう!!

感想やコメントをいただくとうれしいです。
メールアドレスはこちらです。
sanpo301@gmail.com

  http://positiko.web.fc2.com/contact.html
ホームページはこちらです。
http://positiko.web.fc2.com/
http://positiko.web.fc2.com/contact.html


あちこちクリックして遊んでくださいませ。
banner2.gifにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ  
2009/08/24 09:10|自分自身のことTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://positiko.blog17.fc2.com/tb.php/461-6aa49c47
Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。