土曜日をメインとしたメンタルコーチ(心理カウンセリング)ルームです。ちょっと散歩に出かける気持で気楽においでください。                 転んでも、二人三脚みたいに一緒に起きて、二人で笑いましょう。

東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』

HPは↓↓こちらです。 

 

FC2カウンター 

 

全記事表示 

全タイトルを表示 

最新記事 

 

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

プロフィール 

小松うる

Author:小松うる
小松うる
心理カウンセラーです。

心理カウンセリングを勉強し始めたのは、
自分自身のためでした。

僕は37歳になるまで自分のことが嫌いで
自己否定しながら生きていました。

幼少期からの両親の教育方針を曲がって受け止めたのでしょう。
「お前なんか努力してもダメなんだ!中の下、価値のない人間だ!」
言われるたびに、反発してメチャクチに頑張ってました。

それが努力することにつながっていたし、
活動エネルギーの原料だったと思います。

ただ、それでは人生はうまくいかないのです。
なぜなら、自己否定は自分が幸せになることも
無意識に否定してしまうから。。。

そんな僕を見て友人が言ってくれたひと言で「変わろう」と決めました。

「大好きなとっても素敵なこまっちゃんは、
そのまますぐそこにいるんだよ」って言葉です。
友人は心理カウンセラーでした。

臨床心理学(カウンセリング、コーチンク゛など)の勉強も
その時始まりました。

同時に、心理カウンセリングを受け始めました。
初めて予約を入れるときの緊張したことと言ったら!!!

結局四年間、毎月々々
「もっと大好きになりたい!!」と思いつつ、
自分の話を聞いてもらっていました。


今はおかげさまで、こんな自分がとっても愛おしいです。


昭和40年生まれ

経歴
関西学院大学文学部卒業
日本カウンセラー学院http://www.therapy.jp/school/faq/
カウンセリングルーム
ホリスティック・ハート所属
http://www.therapy.jp/holistic_heart/index.shtml
認定心理療法士。認定心理カウンセラー

元日本映画学校スクールカウンセラー。

㈱マイ・カウンセラー 
 エグゼクティブ・プロデューサー
http://www.mycounselor.jp/index.php
「日本初のモバイルメール・カウンセリング開発」

そして、2008年7月、頑張っている社会人のメンタルリフレッシュ。
幸せな恋愛が叶う心理カウンセリングルーム。
心の疲れと癒しのスペース。

心理カウンセリング(メンタルコーチング)ルーム
「土曜日の散歩道」開設。

 

最新コメント 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

 

ブロとも申請フォーム 

このブログの読者になる

 

最新トラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

QRコード 

QRコード
 

RSSリンクの表示 

 

平本あきおさんCDのご紹介 

メンタルコーチ・心理カウンセリング本・CDのご紹介

 

一般論より大切なこと 

はじめに、日記を読んでくださっている皆様に、
僕から謝らなければならないと思いました。


それは、昨日の日記のことです。

掲載を許可してくださったからといいつつ、
全く配慮がたりませんでした。
本日削除させていただきました。

もうしわけございません。

今日の日記は昨日の日記にコメントをいただいたものに
お返事するという形で掲載させていただきます。

 

昨日の日記にコメントをいただいた
つぐみさん、ありがとうございました。


「男性に考える時間を与えてあげたほうが良いかと思います。
 押しまくるのは、どうかなと…。追えば逃げるの心理だと思います。」


昨日の日記で、相手の男性のことに思いを馳せてくださったのでしょうね。

もうひとつコメントをいただきました。
ありがとうございます。

「世間一般的にそう言われてますし、
答えを相手が出さないうちから何度もだとしつこさになると思います。
好きと言う感情をただ相手に出すのは、自分のエゴだと思います。

だから、相談者の女性にまた告白すれば?と促すのは酷だと思いました。
上手くゆくときは、こちらが行動に移さなくとも上手くいきます。
特に恋愛はそうです。
私はすべて上手くいくんだ!
そう思い、信じることであらゆる願望を叶えました。」


(僕は、また告白してみたらと促すというよりは、
 気持ちが残っているのでしたら、そういう選択もありますよ
 と伝えただけで、そう促したわけではありません。
 そのように文章が捉えられたのでしたら、すいません)


次にカラフルさんからです。
コメントありがとうございました。

「私は、相手が煮え切らないならいつまでも待つのも時間がもったいないし、
 かといって
 しつこいと思われてもイヤなので、
 少し時間がたったらこれで最後ってことを
 彼に伝えてもう一度告白するするのが良いと思います。

 彼は、いつまでも好きでいてくれると思っているから
 あやふやな態度を取るのではないでしょうか。

 男性は逃げれば追いかけたくなる生き物です。
 素敵な私をゲットする最後のチャンスを
 与えてあげるくらいの気持ちで告白してみればいかがでしょうか。」



  ☆  ☆



お伝えしたかったことは、

一般的には、男性は逃げるかも。。。とか、逃げないかも。。。

ということではありませんでした。


つまり、好きになった誰かの心理に焦点をあてることではなく、

好きになっている、ご自身の気持に焦点を当てることが大切なこと
なのだと思いますよ、とお伝えしたかったのです。



  ☆  ☆


相手がどんな行動や態度をとるか、
わたしのことを好きか嫌いかに
心を震わせたり、気を遣ったり、気をもんだりすることもあるでしょう。


やきもきしたり、じれったかったり、嬉しかったり、想いを馳せたり、
切なかったり、寂しかったりすることも、恋愛の大切な要素ですから。


ただ、そこから、一歩踏み出したことがある方が、
気持の踏ん切りを中途半端のに残したままですと、
とってもしんどい煮え切らない気持ちが長く続くかもしれません。


そのまま、離れようとなさっているようでしたら、
思い切ってしっかり確認なさるということもありかもしれませんよ。


そういう選択の範囲を広げるお返事をさしあげたつもりでした。



   ☆  ☆


一般的な男性心理や女性心理は、
個別の恋愛や婚活には、

  どこまでその方にあてはまるのでしょうか?


そもそも、一般的な男性というのは、具体的にはどんな方なのでしょう。

一般的な男性に完全にマッチしている人というのは、
実在しないのではありませんか。


イメージしてみて欲しいのですが
一般的な男性の性格と行動と容姿はどんなものなのでしょう。。。


  ☆  ☆


本当に大切なことは、

自分がどんな幸せを望んでいるか、
自分がどんな気持ちでいられたらいいか、
自分が好きなタイプはどんな性格でどんな外見なのか。。。


などなど、

全部、自分自身にフォーカスされていることだと僕は思います。


考えてみてください

相手に合わせたまま付き合って、結婚して、幸せになればいいけれど、
相手に合わせたままのご自身の気持ちに本当に無理はないのでしょうか?


幸せは、あなたを軸として広げていくものなのだと思います。


   ☆  ☆


掲載を許可してくださったKさん
コメントをいただいた皆様。
メールをくださったKMさん。

配慮がいたらなかったことをお許しください。
ご意見ありがとうございました。

 
2009/06/17 23:55|気楽のヒントTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://positiko.blog17.fc2.com/tb.php/387-1df8e20f
Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.