土曜日をメインとしたメンタルコーチ(心理カウンセリング)ルームです。ちょっと散歩に出かける気持で気楽においでください。                 転んでも、二人三脚みたいに一緒に起きて、二人で笑いましょう。

東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』

HPは↓↓こちらです。 

 

FC2カウンター 

 

全記事表示 

全タイトルを表示 

最新記事 

 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

プロフィール 

小松うる

Author:小松うる
小松うる
心理カウンセラーです。

心理カウンセリングを勉強し始めたのは、
自分自身のためでした。

僕は37歳になるまで自分のことが嫌いで
自己否定しながら生きていました。

幼少期からの両親の教育方針を曲がって受け止めたのでしょう。
「お前なんか努力してもダメなんだ!中の下、価値のない人間だ!」
言われるたびに、反発してメチャクチに頑張ってました。

それが努力することにつながっていたし、
活動エネルギーの原料だったと思います。

ただ、それでは人生はうまくいかないのです。
なぜなら、自己否定は自分が幸せになることも
無意識に否定してしまうから。。。

そんな僕を見て友人が言ってくれたひと言で「変わろう」と決めました。

「大好きなとっても素敵なこまっちゃんは、
そのまますぐそこにいるんだよ」って言葉です。
友人は心理カウンセラーでした。

臨床心理学(カウンセリング、コーチンク゛など)の勉強も
その時始まりました。

同時に、心理カウンセリングを受け始めました。
初めて予約を入れるときの緊張したことと言ったら!!!

結局四年間、毎月々々
「もっと大好きになりたい!!」と思いつつ、
自分の話を聞いてもらっていました。


今はおかげさまで、こんな自分がとっても愛おしいです。


昭和40年生まれ

経歴
関西学院大学文学部卒業
日本カウンセラー学院http://www.therapy.jp/school/faq/
カウンセリングルーム
ホリスティック・ハート所属
http://www.therapy.jp/holistic_heart/index.shtml
認定心理療法士。認定心理カウンセラー

元日本映画学校スクールカウンセラー。

㈱マイ・カウンセラー 
 エグゼクティブ・プロデューサー
http://www.mycounselor.jp/index.php
「日本初のモバイルメール・カウンセリング開発」

そして、2008年7月、頑張っている社会人のメンタルリフレッシュ。
幸せな恋愛が叶う心理カウンセリングルーム。
心の疲れと癒しのスペース。

心理カウンセリング(メンタルコーチング)ルーム
「土曜日の散歩道」開設。

 

最新コメント 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

 

ブロとも申請フォーム 

このブログの読者になる

 

最新トラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

QRコード 

QRコード
 

RSSリンクの表示 

 

平本あきおさんCDのご紹介 

メンタルコーチ・心理カウンセリング本・CDのご紹介

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

涙のシャンプー【美容室の心温まる物語】 

二日続けて雨降りの東京。

新型インフルエンザも鎮静化に向かっているというニュースを聞き
先週、池袋の街角で偶然再会した方のことを思い出しました。

その方は、松本望太郎さんといいます。
美容室の経営コンサルタントをなさっています。


彼が何をしていたかと言いますと、

「新型インフルエンザ対策お配りしていまーす」
「新型インフルエンザ対策お配りしていまーす」

そう言って、
A4用紙にインフルエンザ予防対策をまとめたものを
美容室の広告に織り込んで配っていたのです。


僕は、経営コンサルタントという仕事は、
社長さんたちと会議室で打ち合わをしているというイメージを持っていたので
広告配りをしているとは思っていませんでした。


「やっぱり、こうやって今必要な情報をお知らせすると
 チラシを手にとって下さる方が増えてうれしいですよ~」

望太郎さんは笑顔でおっしゃいました。

美容業界を元気にしよう!
仕事の楽しさを伝えたい!

情熱家なんです。


こんな素敵なコンサルタントがついていたら美容室も幸せですよね。


  ☆  ☆


その松本望太郎さんの本が出版されました。

『涙のシャンプー』といいます。


美容サロン感動エッセイコンテストの優秀作品をまとめた本です。
日常のちょっとした出来事のなかにある感動の物語集です。



エッセイコンテストの大賞をとった物語は、
「おばあちゃんのおまじない」


その方のお父さんが癌にかかり病院にお見舞いにいったところ
「頭がかゆいなぁ」という一言で、
お父さんの頭だけじゃなく、他の入院患者さんたちにも
シャンプーをすることになったそうです。

そこで出会ったおばちゃんとの出来事です。

(前略)

前日仕事場に父から電話があり
「おばちゃんがどうしても頭やってくれってきかない」といわれ、
仕方なく道具をもって病院に行った。
 確かに図々しいおばちゃんだが、無理難題を言う人じゃなかった。

不思議に思いながらカットをして、いつも通りシャンプーをした。
傷にはもう慣れていた。だから手が雑だったんだろう。
おばちゃんは私に何度も洗い直しをさせた。
“おいおい私はもうシャンプーギャルじゃないんだからさぁ・・・”
 心の中で思ってた。すると、おばちゃんが言った。

「シャンプーしてもらってるとさぁ・・・
やってくれてる人の心の中の声って聞こえちゃうんだよねー。
今カンベンしてよって思ってんでしょうー。
聞こえちゃったもんねー。
まあさ、私にとっちゃこれが人生最後の美容院なんだから、
あきらめて頑張って洗いな。ガッハッハ」


 息が詰まった。同時に正直“このやろう! 
やってやろうじゃん!”とも思った。
余計なことはいっさい考えなかった。
初めてその人のためにだけに無心でシャンプーした。


 上がったおばちゃんはこうも言った。
「私さぁ、本当ならもうとっくに寿命きれてんのよねー。
先生に言われたわぁー。
『岡田さんの娘さんに頭やってもらってたから、
寿命伸びたんじゃないの』ってねー。
最後に本当に心のこもったシャンプーしてもらったし、
寿命まで伸ばしてもらって、本当に感謝してるわぁー。ガッハッハ」


 何にも言えなかった。自分がした事が良い事だなんて、わからなかった。
ただおばちゃんのおかげで、
今まで自分は何と雑に仕事をしてきたのだろうと、ガクゼンとした。


(中略)


 次の日の朝、おばちゃんは口紅をつけて死んでいた。

 息子さんに
「ありがとうございます。
あなたのおかげで母は少しだけ欲張って生きました」と言われた。

父が死にそうになっても泣かなかった私だが、
病院中に響き渡る程大声で泣いた。


涙のシャンプー―美容室で出会った、人生を変えた15の物語涙のシャンプー―美容室で出会った、人生を変えた15の物語
(2009/05)
松本 望太郎

商品詳細を見る



今日も読んでくださってありがとうございます。

Happy windyさんが、僕の作った小冊子のことを紹介してくださいました。

引き寄せの法則セミナーに参加させていただいた時にお配りしたものです。

コピー用紙をつづりこんだ簡単なものですが、
興味がある方は
メールをくだされば、郵送させていただきます。

★  ★

 
『土曜日の散歩道』


人間関係をラクにして、
あなたの成長と成幸を応援します
どんどん幸せを広げていきましょう。

メールに感想をいただけるとうれしいです。
  sanpo301@gmail.com

  http://positiko.web.fc2.com/contact.html

ホームページはこちらです。
http://positiko.web.fc2.com/


あちこち押してくださると僕が喜びます。
banner2.gifにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ  
2009/05/29 18:34|本を読んでTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://positiko.blog17.fc2.com/tb.php/361-319b856b
Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。