土曜日をメインとしたメンタルコーチ(心理カウンセリング)ルームです。ちょっと散歩に出かける気持で気楽においでください。                 転んでも、二人三脚みたいに一緒に起きて、二人で笑いましょう。

東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』

HPは↓↓こちらです。 

 

FC2カウンター 

 

全記事表示 

全タイトルを表示 

最新記事 

 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

プロフィール 

小松うる

Author:小松うる
小松うる
心理カウンセラーです。

心理カウンセリングを勉強し始めたのは、
自分自身のためでした。

僕は37歳になるまで自分のことが嫌いで
自己否定しながら生きていました。

幼少期からの両親の教育方針を曲がって受け止めたのでしょう。
「お前なんか努力してもダメなんだ!中の下、価値のない人間だ!」
言われるたびに、反発してメチャクチに頑張ってました。

それが努力することにつながっていたし、
活動エネルギーの原料だったと思います。

ただ、それでは人生はうまくいかないのです。
なぜなら、自己否定は自分が幸せになることも
無意識に否定してしまうから。。。

そんな僕を見て友人が言ってくれたひと言で「変わろう」と決めました。

「大好きなとっても素敵なこまっちゃんは、
そのまますぐそこにいるんだよ」って言葉です。
友人は心理カウンセラーでした。

臨床心理学(カウンセリング、コーチンク゛など)の勉強も
その時始まりました。

同時に、心理カウンセリングを受け始めました。
初めて予約を入れるときの緊張したことと言ったら!!!

結局四年間、毎月々々
「もっと大好きになりたい!!」と思いつつ、
自分の話を聞いてもらっていました。


今はおかげさまで、こんな自分がとっても愛おしいです。


昭和40年生まれ

経歴
関西学院大学文学部卒業
日本カウンセラー学院http://www.therapy.jp/school/faq/
カウンセリングルーム
ホリスティック・ハート所属
http://www.therapy.jp/holistic_heart/index.shtml
認定心理療法士。認定心理カウンセラー

元日本映画学校スクールカウンセラー。

㈱マイ・カウンセラー 
 エグゼクティブ・プロデューサー
http://www.mycounselor.jp/index.php
「日本初のモバイルメール・カウンセリング開発」

そして、2008年7月、頑張っている社会人のメンタルリフレッシュ。
幸せな恋愛が叶う心理カウンセリングルーム。
心の疲れと癒しのスペース。

心理カウンセリング(メンタルコーチング)ルーム
「土曜日の散歩道」開設。

 

最新コメント 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

 

ブロとも申請フォーム 

このブログの読者になる

 

最新トラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

QRコード 

QRコード
 

RSSリンクの表示 

 

平本あきおさんCDのご紹介 

メンタルコーチ・心理カウンセリング本・CDのご紹介

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

【週刊 玄さんの命の玉手箱 vol.58】HTLV-1に感染していることがわかって、俺はこの歌舞伎町で人助けをしようと決心した。 

  ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃新┃宿┃駆┃け┃こ┃み┃寺┃
    ┗━┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳━┳━┳━┳━┳━┓
        ┃玄 さ ん の 「 命 の 玉 手 箱 」 ┃
        ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
                          ・━━━┓
                           vol.58
                          ┗━━━・
  ※このメルマガは、新宿駆け込み寺こと
   新宿救護センターの所長、玄秀盛が、
   センター存続のために発行するメルマガです。

┏━━┓
┃目次┗┓    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
  (1)玄さんの「玄理玄則」

  (2)泣いてもええねん・・・・・・新宿駆け込み寺24時
     ・HTLV-1に感染していることがわかって、
      俺はこの歌舞伎町で人助けをしようと決心した。
      
  (3)編集後記
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・


こんにちは。編集担当の佐々涼子です。
4月25日にトークショーがあります。まだ若干お席がありますので、
ご興味のあるかたは、どうぞご連絡を。

03-5291-5720(担当:小林)


さて、今日は先週の予告どおり、
玄所長を支えてきた一通のメールをご紹介しましょう。
これは、所長がとても信頼するある人物から、
送られたメールだそうです。

もし、人生の選択で迷うことがあったら、
自分に送られた「ギフト」と、「ミッション」について
考えてみるといいのかもしれません。



 ┏━┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┓
 ┃1 ┃  │玄│さ│ん │の│「 │玄│理│玄 │則│」 │
 ┗━┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┛

  ※このコーナーでは、
   玄さんの心の中に秘められた哲学・名言を一行で紹介します。

<今週の玄理玄則>

◇ギフト(天から授かった贈り物)

人は無理なく人生を全うするためには、
当たり前のことを当たり前に行うことが何よりだ。

「当たり前のことを当たり前に行う」
とはどういうことか、それは「朝飯前」のこと。

なぜ、朝飯前となるのか。
それは、好きだから、というよりは、
「知らぬ間に身についた能力」だから。

その「知らぬ間に身についた能力」のことを
「ギフト(天から授かった贈り物)」と呼ぶ。

天も気まぐれにギフトをした訳ではない。何かをしてもらいたくて、
与えたものだ。

では、何をしてほしいというのか?
天は自らはなすことができない。したがって、人の口を借りて
の要望のことを「ミッション(使命・存在意義)」と呼ぶ。

したがって、人と人との出会いには偶然はなく、
必然であるとはこのことを言う。
中国の古典ではそのことを「天地合一」と呼んだ。

ましてや悩みを言ってくれる人がいる環境などは、
まさにその「悩み」こそ天が人の口を借りてミッションを言っている姿に
ほかならない。

もしも仮に、その「ミッション」をきくことをしなければ、
天は早々にその人を天に戻すであろう。
また、与えられた「ギフト」をその「ミッション」のために使わなければ、
天は与えられたギフトを取り返してしまうだろう。

自らが生まれながらにして天から与えられた「ミッション(天命)」を
よく理解し、そのミッションを果たすために天から授かった「ギフト(能力)」
を存分に使うことが、何のためにこの世に生を受け、何の為に生かされている
のか知ることでもあり、そのような行為のことを「巧徳を施す」と呼ぶ。
一日一生。



 ┏━┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┓
 ┃2 ┃  │泣│い│て│も │え│え │ね│ん│
 ┗━┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┛

  ※このコーナーでは、
   玄さんが実際に受けた相談を紹介しています。


HTLV-1に感染していることがわかって、
俺はこの歌舞伎町で人助けをしようと決心した。

たしかに最初は、いろんな人たちに対する
贖罪の気持ちはあった。
「これは、あの人への贖罪の代わり」
「次は、だれだれへの償い」
そんなつもりで、やっていたかもしれん。

でも、今はそんなことすら思わない。
俺は特別、何かをしようと思わず、ただここにいるだけ。
すると自然と相談者が集まってきて、俺はそれに答える。

俺は、どんな質問にも、たいてい答えられる。
つまり今やっていることが「朝飯前」ということだ。

俺は、4人の父親、母親のもとをたらいまわしにされて
育ち、28もの職を転々とし、やくざから聖職者、政治家まで
ありとあらゆる「人間」に会ってきた。

いったい、何でこんなにいろんな種類の人と出会い、
いろんな経験するんやろ、
って思っていたが、
ここで人を助けるようになって、
ああ、なるほどね、俺はこれをするために
こんな人生を送ってきたのか、と合点がいった。

すべては、この「ミッション」のために、
天が与えてくれた修行というわけや。
そしてその経験が、自分にとっての「ギフト」になった。

今は、りきみなど何一つない。
時々、DVの加害者が大声で乗り込んでくるが、
しんどいとか、大変だとか思ったこともない。
それはたぶん、自分の「ミッション」に忠実に生きて
いるからだろう。


 ┏━┳─┳─┳─┳─┳─┓
 ┃3 ┃  │編│集│後│記│
 ┗━┻─┻─┻─┻─┻─┛


「ギフト」「ミッション」について、私も考えるところが
大きかったです。

艱難辛苦汝を玉とす―人は困難にあわなければ、
自分のギフトやミッションに目覚めることもないのかもしれません。
だとすれば、ピンチこそがチャンス。
すべての経験を前向きに受け止めていきたいものですね。




┏━━━━┓
┃お願い ┗┓    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

  ◆新宿救護センターでは、運営状況をみなさんに公開しています◆

  http://www.jsma.jp/

  現在、新宿駆けこみ寺では、毎月100万の経費がかかっています。
  ところが、相談料ではそのうちわずか20万しかまかなえていません。

  メルマガ読者のみなさんからお寄せいただいた寄付金が、
  センター存続につながります。

  【三菱東京UFJ銀行 西新宿支店 普通 4928651】
  【名義:NPO法人 日本ソーシャル・マイノリティ協会 代表 玄秀盛】

  以上の口座までお振込みいただければ幸いです。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・



┏┿━━・・・ 
╂┘
┃  発行者 : NPO法人日本ソーシャル・マイノリティ協会
・         新宿救護センター

   ◆ 新宿救護センターHP→ http://jsma.jp/
   ◆ 新宿救護センターでは、どんな相談でもお待ちしております! ・
     電話受付 : 03-5291-5720                 ・
     メール受付 : info@jsma.jp                ┃
    (ただし、メールでのご相談は受け付けておりません)     ┃
                                   ┃
   ◆購読・一発解除はこちらから                  ┃
    http://archive.mag2.com/0000258893/index.html        ┃
                                 ┌╂
                             ・・・━━┿┛


◎玄さんの「命の玉手箱」~幸せはここにある~
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000258893/index.html
このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます  
2009/04/24 17:57|玄秀盛さんTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://positiko.blog17.fc2.com/tb.php/317-0bdd7303
Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。