土曜日をメインとしたメンタルコーチ(心理カウンセリング)ルームです。ちょっと散歩に出かける気持で気楽においでください。                 転んでも、二人三脚みたいに一緒に起きて、二人で笑いましょう。

東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』

HPは↓↓こちらです。 

 

FC2カウンター 

 

全記事表示 

全タイトルを表示 

最新記事 

 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

プロフィール 

小松うる

Author:小松うる
小松うる
心理カウンセラーです。

心理カウンセリングを勉強し始めたのは、
自分自身のためでした。

僕は37歳になるまで自分のことが嫌いで
自己否定しながら生きていました。

幼少期からの両親の教育方針を曲がって受け止めたのでしょう。
「お前なんか努力してもダメなんだ!中の下、価値のない人間だ!」
言われるたびに、反発してメチャクチに頑張ってました。

それが努力することにつながっていたし、
活動エネルギーの原料だったと思います。

ただ、それでは人生はうまくいかないのです。
なぜなら、自己否定は自分が幸せになることも
無意識に否定してしまうから。。。

そんな僕を見て友人が言ってくれたひと言で「変わろう」と決めました。

「大好きなとっても素敵なこまっちゃんは、
そのまますぐそこにいるんだよ」って言葉です。
友人は心理カウンセラーでした。

臨床心理学(カウンセリング、コーチンク゛など)の勉強も
その時始まりました。

同時に、心理カウンセリングを受け始めました。
初めて予約を入れるときの緊張したことと言ったら!!!

結局四年間、毎月々々
「もっと大好きになりたい!!」と思いつつ、
自分の話を聞いてもらっていました。


今はおかげさまで、こんな自分がとっても愛おしいです。


昭和40年生まれ

経歴
関西学院大学文学部卒業
日本カウンセラー学院http://www.therapy.jp/school/faq/
カウンセリングルーム
ホリスティック・ハート所属
http://www.therapy.jp/holistic_heart/index.shtml
認定心理療法士。認定心理カウンセラー

元日本映画学校スクールカウンセラー。

㈱マイ・カウンセラー 
 エグゼクティブ・プロデューサー
http://www.mycounselor.jp/index.php
「日本初のモバイルメール・カウンセリング開発」

そして、2008年7月、頑張っている社会人のメンタルリフレッシュ。
幸せな恋愛が叶う心理カウンセリングルーム。
心の疲れと癒しのスペース。

心理カウンセリング(メンタルコーチング)ルーム
「土曜日の散歩道」開設。

 

最新コメント 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

 

ブロとも申請フォーム 

このブログの読者になる

 

最新トラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

QRコード 

QRコード
 

RSSリンクの表示 

 

平本あきおさんCDのご紹介 

メンタルコーチ・心理カウンセリング本・CDのご紹介

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

【週刊 玄さんの命の玉手箱 vol.55】人の情を動かすためには、理性の力を借りることや 


★ご注意。

 ここから下は、こまっちゃんの日々の日記とはちがいます。

 僕の活動は、目の前の人を大切に、自分の心に誠実に、
         日常の幸せに気づくことから喜びを見出すこと。


 玄さんの活動は、目の前の命を守る激しい活動。

 
 どちらも大切です。
転載させていただきます。

 以下玄さんのメルマガです。
    ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃新┃宿┃駆┃け┃こ┃み┃寺┃
    ┗━┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳━┳━┳━┳━┳━┓
       ┃玄┃さ┃ん┃の┃「┃命┃の┃玉┃手┃箱┃」┃
       ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
                          ・━━━┓
                           vol.55
                          ┗━━━・
  ※このメルマガは、新宿駆け込み寺こと
   新宿救護センターの所長、玄秀盛が、
   センター存続のために発行するメルマガです。

┏━━┓
┃目次┗┓    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
  (1)玄さんの「玄理玄則」

  (2)泣いてもええねん・・・・・・新宿駆け込み寺24時
     ・人の情を動かすためには、理性の力を借りることや
  (3)玄さんにまかしとき・・・・・玄さんのトラブル解決Q&A
     ・親権を取り戻せるでしょうか
  (4)編集後記
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・


いよいよ、新年度、新学期のスタートですね。

ここ、救護センターでも4月1日から面談料が下がって、
相談しやすくなりました。詳しくはこちら。
http://jsma.jp/2009/03/41.php

新しい環境でお悩みの方も、ぜひご一報ください。



 ┏━┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┓
 ┃1┃ │玄│さ│ん│の│「│玄│理│玄│則│」│
 ┗━┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┛

  ※このコーナーでは、
   玄さんの心の中に秘められた哲学・名言を一行で紹介します。


金は人を救わない。人を救うのは人。

金がないから不幸せと思うのは間違い。
人の幸、不幸は人によって起こるものだ。

自分を救いたいと思うのなら、人の中に入っていくこと。
そこで、自分を助けてくれるのは、マナーや、モラルだ。
人とつながれば金はあとからついてくる。
まずは、人に信用されることを目標にしてみるといい。

難しいことはない。
ちゃんと人に頭を下げられること。
挨拶ができること。仕事を誠実にすること。
そうやって人を大事にすれば、あとは人が助けてくれる。



 ┏━┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┓
 ┃2┃ │泣│い│て│も│え│え│ね│ん│
 ┗━┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┛

  ※このコーナーでは、
   玄さんが実際に受けた相談を紹介しています。



今日は、離婚をしようとしていたある母親からの相談や。
子どもは小学生の子がひとりと、幼稚園の子がひとり。

夫の実家は資産家だが、
当の夫は無職でブラブラしていて一文無し。
この男の両親から何とか養育費を取れないかという話だ。

法律上はとても無理だ。
弁護士に相談しても、どうにもならないだろうな。

でもな、人間というのは情の生き物や。
法律や理屈では動かないものも、
人の感情に訴えかければなんとかなる。

それには、孫が一番や。
義母は体を悪くしとって、心が弱っていた。
そこに小さな孫が来て、
「おばあちゃん、早くよくなってね」と
言わせる。

孫のお腹をぺこぺこにへらしていくとなおいい。
「お腹すいた」と泣かせるんや。
すると、すっかり義母も同情を寄せるはずだ。

そうやって打ち合わせをしたあと、相談者は
義母のところへ見舞いに行った。

案の定、義母は「ちゃんとやれているの?」と
心配していたそうだ。
相談者は、夫のことを責めることもせず、
涙ぐんで
「実は、給食費も払えなくて」とぼそっと伝えた。

それで義母は、嫁と孫たちの窮状を
一発で悟ったそうだ。
義父母から、毎月養育費を援助してもらえることになったという。

まあ、作戦勝ちってやつや。
もしも、相談者が夫の非をあげつらい、
養育費を強硬な態度で請求していたとしたら、
たぶん一銭ももらえなかったろうな。

こういうときに怒りに任せて対立しても
絶対にうまくいかない。
「負けるが勝ち」と腹を決めること。

交渉ごとの基本は同じ。
憎しみに産物なし。怒っても何も得るものはない。
人の情を動かすためには、理性の力を借りることや。


 ┏━┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┓
 ┃3┃ │玄│さ│ん│に│ま│か│し│と│き│
 ┗━┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┛

  ※このコーナーでは、メルマガに寄せられた相談に玄さんが
   ビシッと答えます(救護センターではメール相談には応じていません)


┏────────────────────────────────┓

41歳の男です。借金取りから逃れるために、偽装離婚をしました。
妻と小学校6年生の娘がひとりおります。離れ離れに3年ほど住んでいた
のですが、妻が本当に別れたいと言い始めました。子どもの法律上の親権については、
今母親のところにありますが、本当に別れるというのなら、
私が娘と暮らしたいと思います。親権を取り戻せるでしょうか。

┗────────────────────────────────┛

娘と一緒に暮らしたいという気持ちはわかるけれど、
そのことが、純粋に娘の幸せを思ってのことなのか、
それとも自分のエゴなのか、
一度よく考えたほうがいい。

今まで3年もの間、この子は母親と暮らしていた。

よっぽど劣悪な状況に置かれている場合はともかく、
特段の事情がなければ、母親との平穏な生活を
覆して、母親から引き離すことが、
娘さんにとってためになるとは思えない。

もしも、本当に娘のことを思うのなら、
きちんと養育費を毎月払って、
生活を支えてやる。
そして、月に1度ぐらい面談権を得て、
子どもの成長を見守ってやる。

まずは、そういうアクションが大事や。

そして、もうひとつ。
あなたは、自分の生活に対して満足しているだろうか?
もしかしたら、
娘によって自分の生活を満足させようとしていない?

自分の生活を満足させるのは、自分しかいない。
自分の人生を精一杯生ききることも、今のあなたに
大切なことだと思う。



※このコーナーではみなさんからの相談、質問を受け付けています。
 どしどしメールをお寄せください。
 ogi@tensaikojo.com

 


┏━┳─┳─┳─┳─┳─┓
 ┃4 ┃  │編│集│後│記│
 ┗━┻─┻─┻─┻─┻─┛

新しい生活は、楽しい反面、ストレスも感じやすいものです。
きちんと食事をし、睡眠をきちんと取って、規則正しい生活を心がけ
たいですね。でも、自分で解決できない悩みや苦しみを背負ってしまったら、
ぜひ悩みを相談しに来てください。

また、大切な人が悩んでいるようでしたら、ぜひ新宿救護センターの
存在を教えてあげてくださいね。
http://www.jsma.jp/


┏━━━━┓
┃お願い ┗┓    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

  ◆新宿救護センターでは、運営状況をみなさんに公開しています◆

  http://www.jsma.jp/

  現在、新宿駆けこみ寺では、毎月100万の経費がかかっています。
  ところが、相談料ではそのうちわずか20万しかまかなえていません。

  メルマガ読者のみなさんからお寄せいただいた寄付金が、
  センター存続につながります。

  【三菱東京UFJ銀行 西新宿支店 普通 4928651】
  【名義:NPO法人 日本ソーシャル・マイノリティ協会 代表 玄秀盛】

  以上の口座までお振込みいただければ幸いです。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・


今週のメルマガはいかがでしたか?
みなさんからの相談、質問を受け付けています。

ogi@tensaikojo.com

どしどしメールをお寄せください。
それでは来週までみなさん元気におすごしください!



┏┿━━・・・ 
╂┘
┃  発行者 : NPO法人日本ソーシャル・マイノリティ協会
・         新宿救護センター

   ◆ 新宿救護センターHP→ http://jsma.jp/020/index.php

   ◆ 新宿救護センターでは、どんな相談でもお待ちしております!・
     電話受付 : 03-5291-5720                ・
     メール受付 : info@jsma.jp               ┃
    (ただし、メールでのご相談は受け付けておりません)     ┃
                                  ┃
   ◆購読・一発解除はこちらから                 ┃
    http://archive.mag2.com/0000258893/index.html      
                                 ┌╂
                            ・・・━━┿┛
2009/04/03 17:58|玄秀盛さんTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://positiko.blog17.fc2.com/tb.php/290-134cbe4b
Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。