土曜日をメインとしたメンタルコーチ(心理カウンセリング)ルームです。ちょっと散歩に出かける気持で気楽においでください。                 転んでも、二人三脚みたいに一緒に起きて、二人で笑いましょう。

東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』

HPは↓↓こちらです。 

 

FC2カウンター 

 

全記事表示 

全タイトルを表示 

最新記事 

 

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

プロフィール 

小松うる

Author:小松うる
小松うる
心理カウンセラーです。

心理カウンセリングを勉強し始めたのは、
自分自身のためでした。

僕は37歳になるまで自分のことが嫌いで
自己否定しながら生きていました。

幼少期からの両親の教育方針を曲がって受け止めたのでしょう。
「お前なんか努力してもダメなんだ!中の下、価値のない人間だ!」
言われるたびに、反発してメチャクチに頑張ってました。

それが努力することにつながっていたし、
活動エネルギーの原料だったと思います。

ただ、それでは人生はうまくいかないのです。
なぜなら、自己否定は自分が幸せになることも
無意識に否定してしまうから。。。

そんな僕を見て友人が言ってくれたひと言で「変わろう」と決めました。

「大好きなとっても素敵なこまっちゃんは、
そのまますぐそこにいるんだよ」って言葉です。
友人は心理カウンセラーでした。

臨床心理学(カウンセリング、コーチンク゛など)の勉強も
その時始まりました。

同時に、心理カウンセリングを受け始めました。
初めて予約を入れるときの緊張したことと言ったら!!!

結局四年間、毎月々々
「もっと大好きになりたい!!」と思いつつ、
自分の話を聞いてもらっていました。


今はおかげさまで、こんな自分がとっても愛おしいです。


昭和40年生まれ

経歴
関西学院大学文学部卒業
日本カウンセラー学院http://www.therapy.jp/school/faq/
カウンセリングルーム
ホリスティック・ハート所属
http://www.therapy.jp/holistic_heart/index.shtml
認定心理療法士。認定心理カウンセラー

元日本映画学校スクールカウンセラー。

㈱マイ・カウンセラー 
 エグゼクティブ・プロデューサー
http://www.mycounselor.jp/index.php
「日本初のモバイルメール・カウンセリング開発」

そして、2008年7月、頑張っている社会人のメンタルリフレッシュ。
幸せな恋愛が叶う心理カウンセリングルーム。
心の疲れと癒しのスペース。

心理カウンセリング(メンタルコーチング)ルーム
「土曜日の散歩道」開設。

 

最新コメント 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

 

ブロとも申請フォーム 

このブログの読者になる

 

最新トラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

QRコード 

QRコード
 

RSSリンクの表示 

 

平本あきおさんCDのご紹介 

メンタルコーチ・心理カウンセリング本・CDのご紹介

 

【週刊 玄さんの命の玉手箱 vol.54】一発逆転の勝負をする 

★ご注意。

 ここから下は、こまっちゃんの日々の日記とはちがいます。
 「メルマガを読んでください」といってくださり登録していましたが、
 僕も微力ながら、読者増加のお手伝いをさせていただきます。


 僕の活動は、目の前の人を大切に、自分の心に誠実に、
         日常の幸せに気づくことから喜びを見出すこと。


 玄さんの活動は、目の前の命を守る激しい活動。

 
 どちらも大切です。転載させていただきます。

 以下玄さんのメルマガです。


   ┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
    ┃新┃宿┃駆┃け┃こ┃み┃寺┃
    ┗━┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳┻┳━┳━┳━┳━┳━┓
        ┃玄┃さ ┃ん┃の┃「 ┃命┃の┃玉┃手┃箱┃」┃
        ┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛
                          ・━━━┓
                           vol.54
                          ┗━━━・
  ※このメルマガは、新宿駆け込み寺こと
   新宿救護センターの所長、玄秀盛が、
   センター存続のために発行するメルマガです。

┏━━┓
┃目次┗┓    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・
  (1)玄さんの「玄理玄則」

  (2)泣いてもええねん・・・・・・新宿駆け込み寺24時
     ・一発逆転の勝負をする
  (3)玄さんにまかしとき・・・・・玄さんのトラブル解決Q&A
     ・マンションの上の階の騒音に悩んでいます
  (4)編集後記
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・


こんにちは。メルマガ編集スタッフの佐々涼子です。
スーパーモーニング放映後、たくさんの反響が
ありましたが玄さんは、いつものとおり。
いつ、会っても変わらないのが不思議です。

あのあと、玄さんに聞いてみたことがあります。
「どうして、いつも変わらないんですか?」

すると、飄々とした表情で、
「過ぎてしまったことにはこだわらんからな。
いつも、そのときそのときを生きている」との答え。
いいことも悪いことも、すべて忘れて今を生きる。
なかなかその境地までいたりませんが、精進します!

トークライブは今週土曜日です。生の玄さんに会って、
パワーを感じてください。(※トークショーデータ入る)

さて、今日も玄さんのこの言葉から。


 ┏━┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┓
 ┃1 ┃  │玄│さ│ん│の │「 │玄 │理│原│則│」│
 ┗━┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┛

  ※このコーナーでは、
   玄さんの心の中に秘められた哲学・名言を一行で紹介します。

<今週の玄理玄則>


「捨てると決めたら、捨てきる」

人と別れるときの話。
そういうときは、未練もある、執着もある、寂しさもあるだろう。
でもな、いったん捨てるときめたら、捨てきること。
何かにしがみついたまま、新しいものをつかむことはできない。



 ┏━┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┓
 ┃2┃ │泣│い│て│も│え│え│ね│ん│
 ┗━┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┛

  ※このコーナーでは、
   玄さんが実際に受けた相談を紹介しています。



50代の会社社長が俺のところに来た。
「玄さん、俺は勝負しますよ」と言ってな。

話を聞いてみると、
在庫を処分するために、借金をして、
インターネットのサイトを100万円ほど
つぎ込み、一発逆転の勝負をする、と意気込んでいる。
人生最後の勝負なんだそうだ。

目の色が普通じゃなかった。
俺は思ったよ。
これで、ダメだったら、
死ぬ気なんだろうなと。

実現の可能性なんてほとんどないのに、
ばくちのような勝負に出ようというほど、
彼は、余裕がなくなっていたというわけだ。

「悪いこと言わないからやめとき」
そう言って俺はいさめた。

これ以上借りて自己破産してどうなる?
あとは、自殺や。
俺は、この人に生きていてほしい。

「まずは、出費をとめること」
これが、俺のアドバイス。
これ以上借りずに、今まで余計に出て行っていたものをとめる。

「そして、奥さんと代表取締役を交代すること」
これが二つ目のアドバイスや。
会社社長は製造業。作り出すことに社長は専念し、
奥さんが返すことに専念する。そこで心に余裕ができる、と
こういう作戦。

債権者にとってもいいニュースだろ?
代表取締役が代わる。
新しい経営体制ならもう少し支払いを待とうかと
思うわけだ。

これで少し余裕ができた。
相談者は、一度冷静になって考えるだけの
時間ができたというわけだ。

冷静に考えれば、堅実な再建案も見つかるだろう。

その後、奥さんがひとりで来て、こう言っていた。
「玄さん、いったい夫に何を言ったんですか?
思いつめるような顔をして食事ものどを通らなかったのに、
玄さんのところに行ったあとは、食事がおいしいって明るい顔して……」

きっかけはほんのささいなこと。
頭の切り替えや。
それだけで、もっと視野を広く持つことができる。
この社長も、今頃は新たな気持ちで一歩を踏み出しているころだと思う。



 ┏━┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┓
 ┃3┃ │玄│さ│ん│に│ま│か│し│と│き│
 ┗━┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┛

  ※このコーナーでは、メルマガに寄せられた相談に玄さんが
   ビシッと答えます(救護センターではメール相談には応じていません)


┏────────────────────────────────┓

マンションの上の階の騒音に悩んでいます。深夜になると何かを転がす
音がするんです。気になって眠れません。トラブルにならずにうまく
苦情を言う方法を教えてください。

┗────────────────────────────────┛

まずは、録音して証拠を取っておくこと。これは基本。
必ずやっておくこと。

次に上の階に確かめにいく。
そのとき、大家に言って、間接的に苦情を言うと、
「下のやつが絶対言っているんだろう」と、感情的に害してしまうおそれが
あるので、やっぱり直接言ったほうがいいと思う。

でもな、ここが肝心だが、
真上からの騒音とは限らない。

だからな、上の階の人に言いにいくときのせりふはこういうといい。

「上のほうから音がしてくるんですよね。
斜め上からかもしれないんですが、聞こえてきますか?」

これなら、相手の顔をつぶさずに、やんわりと苦情を申し立てることができる。
まずはこの作戦で行ってみ。
自分の立てている音に心あたりがあったら、
常識的な人間ならやめてくれるやろ。

これでダメなら、また次の作戦を考えてみよう。
隣人トラブルは、結局のところコミュニケーションのしかたも
大きい。知恵を使って、感情的にしこりを残さずうまく
やっていくことが大事だ。


※このコーナーではみなさんからの相談、質問を受け付けています。
 どしどしメールをお寄せください。
 ogi@tensaikojo.com


 ┏━┳─┳─┳─┳─┳─┓
 ┃4┃ │編│集│後│記│
 ┗━┻─┻─┻─┻─┻─┛

先日、歌舞伎町に行った時、町からは人通りが絶えて、
がらんとしていました。
不思議に思って歩いていると、カフェの前にすごい人だかり。
のぞきこんでみると、なるほど、WBCの決勝戦でした。
日本全国でこんな現象が起こっていたのでしょうね。


┏━━━━┓
┃お願い ┗┓    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・

  ◆新宿救護センターでは、運営状況をみなさんに公開しています◆

  http://www.jsma.jp/

  現在、新宿駆けこみ寺では、毎月100万の経費がかかっています。
  ところが、相談料ではそのうちわずか20万しかまかなえていません。

  メルマガ読者のみなさんからお寄せいただいた寄付金が、
  センター存続につながります。

  【三菱東京UFJ銀行 西新宿支店 普通 4928651】
  【名義:NPO法人 日本ソーシャル・マイノリティ協会 代表 玄秀盛】

  以上の口座までお振込みいただければ幸いです。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・


┏┿━━・・・ 
╂┘
┃  発行者 : NPO法人日本ソーシャル・マイノリティ協会
・         新宿救護センター

   ◆ 新宿救護センターHP→ http://jsma.jp/020/index.php

   ◆ 新宿救護センターでは、どんな相談でもお待ちしております!・
     電話受付 : 03-5291-5720                ・
     メール受付 : info@jsma.jp               ┃
    (ただし、メールでのご相談は受け付けておりません)      ┃
                                          ┃
   ◆購読・一発解除はこちらから                     ┃
    http://archive.mag2.com/0000258893/index.html       ┃
                                 ┌╂
                             ・・・━━┿┛


◎玄さんの「命の玉手箱」~幸せはここにある~
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000258893/index.html
このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます
 
2009/03/28 18:44|玄秀盛さんTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://positiko.blog17.fc2.com/tb.php/282-077c2542
Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.