土曜日をメインとしたメンタルコーチ(心理カウンセリング)ルームです。ちょっと散歩に出かける気持で気楽においでください。                 転んでも、二人三脚みたいに一緒に起きて、二人で笑いましょう。

東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』

HPは↓↓こちらです。 

 

FC2カウンター 

 

全記事表示 

全タイトルを表示 

最新記事 

 

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

プロフィール 

小松うる

Author:小松うる
小松うる
心理カウンセラーです。

心理カウンセリングを勉強し始めたのは、
自分自身のためでした。

僕は37歳になるまで自分のことが嫌いで
自己否定しながら生きていました。

幼少期からの両親の教育方針を曲がって受け止めたのでしょう。
「お前なんか努力してもダメなんだ!中の下、価値のない人間だ!」
言われるたびに、反発してメチャクチに頑張ってました。

それが努力することにつながっていたし、
活動エネルギーの原料だったと思います。

ただ、それでは人生はうまくいかないのです。
なぜなら、自己否定は自分が幸せになることも
無意識に否定してしまうから。。。

そんな僕を見て友人が言ってくれたひと言で「変わろう」と決めました。

「大好きなとっても素敵なこまっちゃんは、
そのまますぐそこにいるんだよ」って言葉です。
友人は心理カウンセラーでした。

臨床心理学(カウンセリング、コーチンク゛など)の勉強も
その時始まりました。

同時に、心理カウンセリングを受け始めました。
初めて予約を入れるときの緊張したことと言ったら!!!

結局四年間、毎月々々
「もっと大好きになりたい!!」と思いつつ、
自分の話を聞いてもらっていました。


今はおかげさまで、こんな自分がとっても愛おしいです。


昭和40年生まれ

経歴
関西学院大学文学部卒業
日本カウンセラー学院http://www.therapy.jp/school/faq/
カウンセリングルーム
ホリスティック・ハート所属
http://www.therapy.jp/holistic_heart/index.shtml
認定心理療法士。認定心理カウンセラー

元日本映画学校スクールカウンセラー。

㈱マイ・カウンセラー 
 エグゼクティブ・プロデューサー
http://www.mycounselor.jp/index.php
「日本初のモバイルメール・カウンセリング開発」

そして、2008年7月、頑張っている社会人のメンタルリフレッシュ。
幸せな恋愛が叶う心理カウンセリングルーム。
心の疲れと癒しのスペース。

心理カウンセリング(メンタルコーチング)ルーム
「土曜日の散歩道」開設。

 

最新コメント 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

 

ブロとも申請フォーム 

このブログの読者になる

 

最新トラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

QRコード 

QRコード
 

RSSリンクの表示 

 

平本あきおさんCDのご紹介 

メンタルコーチ・心理カウンセリング本・CDのご紹介

 

【週刊 玄さんの命の玉手箱 vol.51】コンプレックスに打ち勝つにはどうしたらいいですか 

★ご注意。

 ここから下は、こまっちゃんの日々の日記とはちがいます。

 僕の活動は、目の前の人を大切に、自分の心に誠実に、
         日常の幸せに気づくことから喜びを見出すこと。


 玄さんの活動は、目の前の命を守る激しい活動。

 
 どちらも大切です。
転載させていただきます。

 以下玄さんのメルマガです。


 ┏━┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┓
 ┃1┃ │玄│さ│ん│の│「│玄│理│玄│則│」│
 ┗━┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┛

  ※このコーナーでは、
   玄さんの心の中に秘められた哲学・名言を一行で紹介します。

<今週の玄理玄則>


「一色ではなく何色もの色を持つこと」


たいてい相談者の解決方法はワンパターンなんやな。
もうちょっとたくさんの解決方法を持てば、
柔軟に人生を送れるのに、って思うで。

ところが、やっかいなことに、解決するための絵の具を
いく色も持つためには、たくさんの経験を積むよりほかはない。
それも、人。人との出会いを通じた経験なんやな。

うちには、カウンセラー志望で勉強に来るやつも多いが、
彼らも同じ。一色しか持っていない。
自分がそれしか持っとらんのに、
どうやって、無限にあるケースに対応していくつもり?
って思うわ。

たくさんの解決方法を身につけるためには、
人の中へ入っていくこと。これがとても大事だ。
もしも、気持ちがパンパンに張り詰めて、
それすらできないと思うのなら、駆けこみ寺へ一度来てみ。
ここのスタッフには、いろんな経験を持った、いろんな奴がいる。
話しているうちに、いろんな色の絵の具が手に入るで。


 ┏━┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┓
 ┃2┃ │泣│い│て│も│え│え│ね│ん│
 ┗━┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┛

  ※このコーナーでは、
   玄さんが実際に受けた相談を紹介しています。

――このコーナーでは玄さんが実際に受けた相談を紹介
  していますが、今日はどんな相談ですか?)

「今日はな、弟子入り志願の男の話や。」

――弟子入り志願ですか? そういう相談は多いんですか?

「多い多い。いろいろ来るで。カウンセラーになりたいやつ、人助けがしたいやつ。
 いろいろや……。」

――どこから、玄さんを知ったんでしょう。

「以前は、本を読んでというやつが多かったけど、最近はマンガを読んで
 というのも多いな。今日の相談者はこんなやつや。

その男は、四国出身の24歳。高校時代からグレて傷害事件で、
一度逮捕されたことがあるらしい。

今ではすっかり改心して、両親とともにまじめに暮らしているが、
自分が悪いことをして、そこから這い上がってきた経験を、
何とかして社会に還元したいと思っていたそうだ。
そんなある日、俺の漫画を読んで、「これだ!」と思ったらしいわ。

すべての荷物をまとめて、親を説得すると、
すぐに飛行機を取って、
歌舞伎町に乗り込んできた。

そして俺を見るなり、こうや。
「玄さん、俺を弟子入りさせてください!」ってな。
熱意もある、気迫も感じられる。なかなかいい青年やったで。

でもな、俺のところでいくら修行をしてもかまわんけど、
バイト料も、食事代もうちでは出せない。
それは、自分でまかなうよりほかはないわけだ。

そこで、俺はそいつに言った。
「一度、親元に帰り。そして親と一度話しあって、
身の振り方を考えてみ」
もちろん、その男がうちに弟子入りするなら、
働き口も東京で見つけなければならない。

この駆けこみ寺のようなところを、
いつか全国に作って、地方で苦しんでいる人を助けたい。
それは、俺の願いでもある。
俺の代わりにいろいろな場所で、
人助けできる人材が育ってくれれば、
それほどいいことはないと思う。

でも、よっぽどの覚悟がなければ、
この仕事は務まらないことも確かだ。

さて、この男はどうするだろうな。
「必ず戻ってきますから」といいながら、
故郷へ帰っていった。
どんな道を取ろうと、俺は
応援してやりたいと思ってるよ。」


 ┏━┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┳─┓
 ┃3┃ │玄│さ│ん│に│ま│か│し│と│き│
 ┗━┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┻─┛

  ※このコーナーでは、メルマガに寄せられた相談に玄さんが
   ビシッと答えます(救護センターではメール相談には応じていません)


┏────────────────────────────────┓

僕は、高校2年生です。父がリストラにあい、高校を中退
しなくてはならなくなりました。いまどき高校も卒業できないなんて
コンプレックスに感じてしまいます。玄さんは中卒だとお聞きしています。
このコンプレックスに打ち勝つにはどうしたらいいですか?

┗────────────────────────────────┛

君が、どんな境遇なのか、細かいことはわからないけれど、
2通りの解決方法があるだろうな。

1つ目は、手に職や。手に職をつけるのなら、若いうちに技術を
磨いたほうが、ほかの人間より断然有利だ。若いうちに社会に
出られるのは、ずっとアドバンテージがあると気持ちを切り替えて、
誰にも負けない職人になること。

その分野で誰にも負けない技能を身につけたら自信になる。
学歴なんてなくたってどうってことないと思えるはずだ。

もう1つの解決方法はあきらめずに、学校にしがみつくことや。
新聞配達をしながら定時制の学校に通っている人間なんて
いくらでもいる。

でも、その場合、覚えておいてほしいのは、
誰かにバカにされるから高校ぐらいまでは出ておこう、
という気持ちではなく、勉強したい、という強い気持ち
であることが大事だと思う。

そうでなければ、うすっぺらい学歴なんて
なんの意味もない。
大事なのは本人の気持ち。
自分がいったい何を学ぶかや。

俺なんて中卒だけど、どうってことない。
誰よりも知識も知恵も経験もある。
自分への揺らぎのない信頼さえあれば、
学歴コンプレックスなんて、どうでもいいと
思えるけどな。


┏┿━━・・・ 
╂┘
┃  発行者 : NPO法人日本ソーシャル・マイノリティ協会
・         新宿救護センター

   ◆ 新宿救護センターHP→ http://jsma.jp/020/index.php

   ◆ 新宿救護センターでは、どんな相談でもお待ちしております!
     電話受付 : 03-5291-5720               
     メール受付 : info@jsma.jp               
    (ただし、メールでのご相談は受け付けておりません)      
                                 
   ◆購読・一発解除はこちらから                 
    http://archive.mag2.com/0000258893/index.html      
                             
                           


◎玄さんの「命の玉手箱」~幸せはここにある~
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000258893/index.html
このメールに返信すれば,発行者さんへ感想を送れます

 
2009/03/06 18:27|玄秀盛さんTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://positiko.blog17.fc2.com/tb.php/247-4ec6a643
Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.