土曜日をメインとしたメンタルコーチ(心理カウンセリング)ルームです。ちょっと散歩に出かける気持で気楽においでください。                 転んでも、二人三脚みたいに一緒に起きて、二人で笑いましょう。

東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』

HPは↓↓こちらです。 

 

FC2カウンター 

 

全記事表示 

全タイトルを表示 

最新記事 

 

カレンダー 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

プロフィール 

小松うる

Author:小松うる
小松うる
心理カウンセラーです。

心理カウンセリングを勉強し始めたのは、
自分自身のためでした。

僕は37歳になるまで自分のことが嫌いで
自己否定しながら生きていました。

幼少期からの両親の教育方針を曲がって受け止めたのでしょう。
「お前なんか努力してもダメなんだ!中の下、価値のない人間だ!」
言われるたびに、反発してメチャクチに頑張ってました。

それが努力することにつながっていたし、
活動エネルギーの原料だったと思います。

ただ、それでは人生はうまくいかないのです。
なぜなら、自己否定は自分が幸せになることも
無意識に否定してしまうから。。。

そんな僕を見て友人が言ってくれたひと言で「変わろう」と決めました。

「大好きなとっても素敵なこまっちゃんは、
そのまますぐそこにいるんだよ」って言葉です。
友人は心理カウンセラーでした。

臨床心理学(カウンセリング、コーチンク゛など)の勉強も
その時始まりました。

同時に、心理カウンセリングを受け始めました。
初めて予約を入れるときの緊張したことと言ったら!!!

結局四年間、毎月々々
「もっと大好きになりたい!!」と思いつつ、
自分の話を聞いてもらっていました。


今はおかげさまで、こんな自分がとっても愛おしいです。


昭和40年生まれ

経歴
関西学院大学文学部卒業
日本カウンセラー学院http://www.therapy.jp/school/faq/
カウンセリングルーム
ホリスティック・ハート所属
http://www.therapy.jp/holistic_heart/index.shtml
認定心理療法士。認定心理カウンセラー

元日本映画学校スクールカウンセラー。

㈱マイ・カウンセラー 
 エグゼクティブ・プロデューサー
http://www.mycounselor.jp/index.php
「日本初のモバイルメール・カウンセリング開発」

そして、2008年7月、頑張っている社会人のメンタルリフレッシュ。
幸せな恋愛が叶う心理カウンセリングルーム。
心の疲れと癒しのスペース。

心理カウンセリング(メンタルコーチング)ルーム
「土曜日の散歩道」開設。

 

最新コメント 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

 

ブロとも申請フォーム 

このブログの読者になる

 

最新トラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

QRコード 

QRコード
 

RSSリンクの表示 

 

平本あきおさんCDのご紹介 

メンタルコーチ・心理カウンセリング本・CDのご紹介

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

出会いはすべてメッセージ 

『出会いはすべてメッセージ』


先日の木曜日、プライマリークラブ主催の、
篭池哲哉さんの講演会を受講しました。


篭池さんは、普段は企業内でのセミナーしかなさらない方です。
とっても貴重で、ハートに響くお話しが沢山ありました。


その中からひとつ書いてみたいと思います。


  ★   ★

出会いの中で、一番最初にあるものは、家族との出会いです。

その中から沢山の気づきがありますよね。

篭池さんのお父さんから学んだことは、

 『継続』

 だそうです。

現在70歳のお父さんは、現役の農家です。

それも、一日も休まず働く方なんです。


記憶にある風景では、こんなことがありました。



台風の日、田畑が気になり外に出る。
        嵐が過ぎると、倒れた稲を立てに田んぼに入る。


作物を植えたら、育って実がつき、出荷し終えるまで休まない。


なすびの出荷時期には、睡眠時間が3時間で連日農作業。
倒れる寸前まで働く姿をみていたそうです。


年齢も重ね、体がなかなか思うようにならなくなってきた昨今、
篭池さんは、お母さんからのお願いもあって、提案をしたそうです。


「休んだらどう?」って。


お父さんの返答はこうでした。

「休むのが怖いんや」


 休むと作物がどうなるか。。。

 一日くらい休んだらいいと思いつつ、
 その一瞬の気の緩みで何かあったら、作物がすべてだめになる。

 そう思うと、世話に手を抜けなくなる。


 篭池さんは、返す言葉がなかったそうです。

         そこまで人生かけて仕事をしたことがなかったから。。。

伊豆美神社2

   ★   ★


 人生に真摯に向き合う。

  
 力は要らないと思います。


 ただ、目の前のことを大切にし続けることだと感じました。

 
 日々、刻々と、何か事柄や
          人との出会があると思います。


 そこに、人生のテーマや、気づきが必ずあります。


 何も悩んだり、深刻に見つめる必要はないのだと思うのです。


   ただ、淡々と、好き嫌いを確認して、日々を重ねてみる。


 何かに取り組んだら、ある程度まで続けてみる。


   ★   ★


いつか振返ったときには、

過去に継続して取り組んだことが、役立つときが必ず来るのです。


   ★   ★


毎日、コツコツ、、笑顔笑顔で大丈夫大丈夫。



   ★   ★


 
『土曜日の散歩道』  ふらりと遊びにきてください。

ご相談、ご予約はこちらです。
  http://positiko.web.fc2.com/contact.html


ホームページはこちらです。
http://positiko.web.fc2.com/


ワンクリックお願いいたします。いつもありがとうございます。
banner2.gifにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ


 
2008/12/07 10:42|出会いは喜びTB:0CM:2
コメント
そうですね!
農家のお仕事は大変ですね。
だから食べ物は、本当に必要な分だけ買って、無駄にしないよう美味しく食べてあげたいです。

美味しく食べる工夫や料理そのものが、食べ物や作ってくれた人に対する感謝や敬意の表れ☆

少なくとも私は、そんな気持ちで「毎日丁寧に食べる」ことを継続していこうと思います!


White Bell #YrGnQh/o|2008/12/08(月) 00:07 [ 編集 ]
white Bellさんへ。ありがとうございます。
農家の仕事って、24時間気を抜けないんですね。

僕は、村の小学校に通っていたので
    通学路は田んぼのあぜ道でした。

 食事の大切さを改めて確認しました。


コメントありがとうございます。
こまっちゃん #-|2008/12/09(火) 15:41 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://positiko.blog17.fc2.com/tb.php/137-08a9488e
Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。