土曜日をメインとしたメンタルコーチ(心理カウンセリング)ルームです。ちょっと散歩に出かける気持で気楽においでください。                 転んでも、二人三脚みたいに一緒に起きて、二人で笑いましょう。

東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』

HPは↓↓こちらです。 

 

FC2カウンター 

 

全記事表示 

全タイトルを表示 

最新記事 

 

カレンダー 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

プロフィール 

小松うる

Author:小松うる
小松うる
心理カウンセラーです。

心理カウンセリングを勉強し始めたのは、
自分自身のためでした。

僕は37歳になるまで自分のことが嫌いで
自己否定しながら生きていました。

幼少期からの両親の教育方針を曲がって受け止めたのでしょう。
「お前なんか努力してもダメなんだ!中の下、価値のない人間だ!」
言われるたびに、反発してメチャクチに頑張ってました。

それが努力することにつながっていたし、
活動エネルギーの原料だったと思います。

ただ、それでは人生はうまくいかないのです。
なぜなら、自己否定は自分が幸せになることも
無意識に否定してしまうから。。。

そんな僕を見て友人が言ってくれたひと言で「変わろう」と決めました。

「大好きなとっても素敵なこまっちゃんは、
そのまますぐそこにいるんだよ」って言葉です。
友人は心理カウンセラーでした。

臨床心理学(カウンセリング、コーチンク゛など)の勉強も
その時始まりました。

同時に、心理カウンセリングを受け始めました。
初めて予約を入れるときの緊張したことと言ったら!!!

結局四年間、毎月々々
「もっと大好きになりたい!!」と思いつつ、
自分の話を聞いてもらっていました。


今はおかげさまで、こんな自分がとっても愛おしいです。


昭和40年生まれ

経歴
関西学院大学文学部卒業
日本カウンセラー学院http://www.therapy.jp/school/faq/
カウンセリングルーム
ホリスティック・ハート所属
http://www.therapy.jp/holistic_heart/index.shtml
認定心理療法士。認定心理カウンセラー

元日本映画学校スクールカウンセラー。

㈱マイ・カウンセラー 
 エグゼクティブ・プロデューサー
http://www.mycounselor.jp/index.php
「日本初のモバイルメール・カウンセリング開発」

そして、2008年7月、頑張っている社会人のメンタルリフレッシュ。
幸せな恋愛が叶う心理カウンセリングルーム。
心の疲れと癒しのスペース。

心理カウンセリング(メンタルコーチング)ルーム
「土曜日の散歩道」開設。

 

最新コメント 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

 

ブロとも申請フォーム 

このブログの読者になる

 

最新トラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

QRコード 

QRコード
 

RSSリンクの表示 

 

平本あきおさんCDのご紹介 

メンタルコーチ・心理カウンセリング本・CDのご紹介

 

【週刊 玄さんの命の玉手箱 vol.38】傷害罪と、麻薬所持…さぁ、どっちが被害者だ。 

★ご注意。

 ここから下は、こまっちゃんの日々の日記とはちがいます。

 僕の活動は、目の前の人を大切に、自分の心に誠実に、
         日常の幸せに気づくことから喜びを見出すこと。


 玄さんの活動は、目の前の命を守る激しい活動。

 
 どちらも大切です。11月末くらいまで転載させていただきます。

 以下玄さんのメルマガ。

◆新宿駆けこみ寺の運営に、力を貸してください!◆

 現在、新宿駆けこみ寺がピンチです。

 駆けこみ寺の運営費は、相談料ではとてもまかなえません。
 駆けこんでくる人々の多くは、
 相談料も払えないほど追い詰められているからです。

 メルマガ読者のみなさんから寄せられた会費が、
 一人ひとりを救う助けになるのです。


※新宿駆け込み寺では、1円からの寄付をお待ちしております※

【三菱東京UFJ銀行 西新宿支店 普通 4928651】
【名義:NPO法人 日本ソーシャル・マイノリティ協会 代表 玄秀盛】

 以上の口座までお振込みいただければ幸いです。
 みなさまのお志をお待ちしております。



★ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ …☆ ★

 【週刊】新宿駆けこみ寺 玄さんの「命の玉手箱」 vol.38

★ ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ☆… ★


このメルマガは、新宿駆け込み寺こと
新宿救護センターの所長、玄秀盛が、
人助けのために発行するメルマガです。

いじめ・DV・家庭内暴力・虐待・自殺・家出
ヤミ金融・ストーカー・少年犯罪……

これらで苦しんでいる人が、世の中にはたくさんいます。

そんな被害者をたった一人でも救うために、
このメルマガを配信しているのです。



 ≪≪<目次>≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

  (1)玄さんの「玄理玄則」

  (2)泣いてもええねん・・・・・・新宿駆け込み寺24時
     ・ 傷害罪と、麻薬所持…さぁ、どっちが被害者だ。

  (3)玄さんにまかしとき・・・・・玄さんのトラブル解決Q&A
     ・ 玄さんが語る、営業の基礎の基礎の基礎。

  (4)編集後記

 ≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪



┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┓
 (1)玄さんの「玄理玄則」
┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛

※このコーナーでは、玄さんの心の中に秘められた哲学・名言を、
 たった一行で紹介します。玄さんの原理原則、すなわち「玄理玄則」なのです。


<今週の玄理玄則>

「熱中こそが人を変える」


人の本質は変わらない。
だから、もし、自己嫌悪に陥ることがあって、
いくら違う人間に生まれ変わろうとしても、
それはなかなか難しい。

でも、常々思うことがあるんや。
無我夢中になって、打ち込めるものがあるときだけは
人間というのは、ガラッと変われるもんなんや。

目の輝きや、
肌の色つやまで変わってくるで。
俺は、たくさんの人間を今まで見てくるからわかる。

熱中するものを見つけたとき、
人は変わるもんや。

だから、自己嫌悪に陥ったときは、
自分の内面に目を向けるのではなく、
熱中できることをひとつ見つけてみるといい。

夢中になって打ち込んでいて、ふと気づくと、
自己嫌悪なんてちっぽけなことに思えてくるで。




┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┓
 (2)泣いてもええねん・・・・・・新宿駆け込み寺24時
┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛

俺は長い間ここで、いわば
「加害者」と「被害者」の双方を見てきたけど、

「加害者」だけが一方的に加害者じゃない…
そう思うことがある。
今日はそんな話や。


その日、うちに駆けこんで来たのは、
ひとりの男子大学生だった。

この相談者は、バンドを組んでいたのだが、
ある日、同じバンドのメンバーと口論になり、
相手の鼻の骨を折る怪我をさせたんだそうだ。

この一面だけ見れば、
この相談者は傷害の加害者や。


だが、よくよく聞いてみると、
単純にこの相談者が加害者であるとは
言い切れないようなのだ。

相談者は言う。

「相手は、バンドの練習中に大麻を吸っていました。
そこで僕が注意したところ、
彼が逆上して暴れはじめたんです。

そこで、僕が止めに入っているうちに、
思わず鼻を怪我させてしまったというわけです。

もちろん入院費は払い、慰謝料として50万払いました。
でも、彼はさらに僕をこう脅してくるんです。

『警察に話されたくなければ
あと100万、慰謝料を寄こせ』って」

被害者が、加害者になったケースや。
相談者は、自分に前科がつき、
大学も退学になるのではないかと、
おそれていた。

でも一方で、こうやって味をしめた相手方に、
どんどんお金を要求されるのではないかと、
悩み苦しんでいたというわけや。

俺は、こうアドバイスした。

「警察に行け。
自分の加害を含め、
誠実に警察に説明しろ」

とな。

確かに鼻を怪我させたのは相談者が悪い。
でも、いきさつを考えれば、
相手方に落ち度がないとはいえない。

さて、ここが、考えどころだ。
きちんとした態度で、
誠意をもって警察に行けば、
心象がいいのはどちらか?

かたや、自ら罪を正直に話し、
相談に訪れた若者。

かたや、大麻を吸って暴れたことで
怪我をさせられ、今も仲間に大金を要求する男。

どうやら警察の心象がよかったのは、
相談者のほうらしい。

警察は、その後相手方に事情を聞きにいったらしいが、
相談者を傷害罪で逮捕することもなく、
その後、相手方の態度も豹変し、
一転、前に払った慰謝料で示談成立ということに
なったそうだ。

今も、この大学生は
普通に社会生活を送っている。


恐怖というのは、野良犬と同じだ。
逃げれば、どんどん追いかけてくる。

自分の犯した加害行為ときちんと向き合い、
正しく対処したことで、
問題が解決できたわけや。

交通事故や、その他の過失で、
人は誰でも加害者になりうる。

だが、ことの大きさにパニックになったり、
罪の意識につけこまれないように、
理性的な対応が必要だということを、
よく覚えておくことや。



┏─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┓
 (3)玄さんにまかしとき・・・・・玄さんのトラブル解決Q&A
┗─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─┛

※このコーナーでは、皆さまから寄せられた玄さんへの質問にお答えします。


 ***********************

Q:

私は今年の4月から飛び込みの営業をしていますが、
まったく成績が上がりません。

人の気持ちを扱うお仕事の玄さんに、
アドバイスをお願いします。
 (東京 G 23)



 ***********************


うちにもパンフレットを持った営業マンが、
毎日のように来る。

で、入ってくるなり、
「御社は……」
とやる。

うちは会社じゃなくてNPO法人やて。

そのくらい、看板を見れば一目でわかる。
せめて、自分がどんなところに
これから売り込みに行くのか、
看板ぐらいは見ればいいといつも思うけどな。

うちに関係のないものを売りに来ても、
売れはしないし、時間の無駄や。

それなのに、こっちの話も聞かないで、
一方的に覚えてきたセールストークを
オウムのように話す。
マニュアルの弊害や。

普通は何軒も当たっているうちに、
マニュアルだけではダメだと覚えていくものだろうが、
何軒やってもマニュアルどおりという人間が
最近は多いように感じる。

相手がどんな人間か、
どんなものを欲しているか、
ちゃんと知ることが大事だと思うんやけどな。

まず話を聞くこと。

いったん、売ることは脇において、
相手ときちんと話して、
自分がどんな人間かわかってもらい、
相手のニーズを理解することだと思う。

それは、営業にかかわらず、
全ての人間関係の基本と思うんやけど…
どうやろうな。



 ★☆お願い☆★☆★☆★☆★☆★☆★


◆新宿駆けこみ寺では、1円からの寄付をお待ちしております


現在、新宿駆けこみ寺では、毎月100万の経費がかかっています。
ところが、相談料ではそのうちわずか20万しかまかなえていません。

今も、ここに駆けこんでくる人が毎日のようにいます。
その中には家出少女もいれば、DVで苦しむ女性もいます。
そういった人々の多くは、相談料も払えないほど追い詰められているのです。

メルマガ読者のみなさんからお寄せいただいた寄付金が、
こうした人びとを救う助けになります。


※新宿駆けこみ寺では、1円からの寄付をお待ちしております※

【三菱東京UFJ銀行 西新宿支店 普通 4928651】
【名義:NPO法人 日本ソーシャル・マイノリティ協会 代表 玄秀盛】

 以上の口座までお振込みいただければ幸いです。

 みなさまのお志をお待ちしております。


 ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



≪≪☆さらにお願い☆≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫

ほんとうに困っている知人や友人が、
あなたの身の回りにいませんか?

もしいたら、そんな人このメルマガを、
ぜひ転送してあげてください。

≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  発行者 : NPO法人日本ソーシャル・マイノリティ協会
         新宿救護センター

   ◆ 新宿救護センターHP→ http://jsma.jp/020/index.php

   ◆ 新宿救護センターでは、どんな相談でもお待ちしております!
     電話受付 : 03-5291-5720
     メール受付 : info@jsma.jp
    (ただし、メールでのご相談は受け付けておりません)

   ◆購読・一発解除はこちらから
    http://archive.mag2.com/0000258893/index.html
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
◎玄さんの「命の玉手箱」~幸せはここにある~
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000258893/index.html
このメールに返信すれば、発行者さんへ感想を送れます
 
2008/11/21 18:15|玄秀盛さんTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://positiko.blog17.fc2.com/tb.php/119-85330e5c
Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.