FC2ブログ

土曜日をメインとしたメンタルコーチ(心理カウンセリング)ルームです。ちょっと散歩に出かける気持で気楽においでください。                 転んでも、二人三脚みたいに一緒に起きて、二人で笑いましょう。

東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』

HPは↓↓こちらです。 

 

FC2カウンター 

 

全記事表示 

全タイトルを表示 

最新記事 

 

カレンダー 

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

プロフィール 

小松うる

Author:小松うる
小松うる
心理カウンセラーです。

心理カウンセリングを勉強し始めたのは、
自分自身のためでした。

僕は37歳になるまで自分のことが嫌いで
自己否定しながら生きていました。

幼少期からの両親の教育方針を曲がって受け止めたのでしょう。
「お前なんか努力してもダメなんだ!中の下、価値のない人間だ!」
言われるたびに、反発してメチャクチに頑張ってました。

それが努力することにつながっていたし、
活動エネルギーの原料だったと思います。

ただ、それでは人生はうまくいかないのです。
なぜなら、自己否定は自分が幸せになることも
無意識に否定してしまうから。。。

そんな僕を見て友人が言ってくれたひと言で「変わろう」と決めました。

「大好きなとっても素敵なこまっちゃんは、
そのまますぐそこにいるんだよ」って言葉です。
友人は心理カウンセラーでした。

臨床心理学(カウンセリング、コーチンク゛など)の勉強も
その時始まりました。

同時に、心理カウンセリングを受け始めました。
初めて予約を入れるときの緊張したことと言ったら!!!

結局四年間、毎月々々
「もっと大好きになりたい!!」と思いつつ、
自分の話を聞いてもらっていました。


今はおかげさまで、こんな自分がとっても愛おしいです。


昭和40年生まれ

経歴
関西学院大学文学部卒業
日本カウンセラー学院http://www.therapy.jp/school/faq/
カウンセリングルーム
ホリスティック・ハート所属
http://www.therapy.jp/holistic_heart/index.shtml
認定心理療法士。認定心理カウンセラー

元日本映画学校スクールカウンセラー。

㈱マイ・カウンセラー 
 エグゼクティブ・プロデューサー
http://www.mycounselor.jp/index.php
「日本初のモバイルメール・カウンセリング開発」

そして、2008年7月、頑張っている社会人のメンタルリフレッシュ。
幸せな恋愛が叶う心理カウンセリングルーム。
心の疲れと癒しのスペース。

心理カウンセリング(メンタルコーチング)ルーム
「土曜日の散歩道」開設。

 

最新コメント 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

検索フォーム 

 

ブロとも申請フォーム 

このブログの読者になる

 

最新トラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

QRコード 

QRコード
 

RSSリンクの表示 

 

平本あきおさんCDのご紹介 

メンタルコーチ・心理カウンセリング本・CDのご紹介

 

アダルトチルドレン、心のブレーキからの開放(その4) 

上記からキーとなる文章を抽出してみました。

親との心理的な距離を離すということ

アダルトチルドレンという言葉と、
毒親という言葉をセットで語ることは多いです。

でも、あなたが「私の親は毒親です」と言ったとき
自分の心の中の毒を振りまいている感じがしたりして
自己嫌悪感を持つリスクも出てきます。

過去の私がそうでした。

20代のころ、飲み会の帰りの電車の中、
よった勢いで、自分がとうして父親が嫌いかという話を
力説していたら、背中から
「若いのに親の悪口ばかりいうものじゃない」と
お叱りを受けたのです。

はい、そのとおり。
自分が親嫌いの話をしているのは、
満たされない愛情の飢えを伝えたいからだと
プロカウンセラーとなって理解しました。

親からもらえない愛情を他人から認めてもらうことで
受け取ろうとするのです。

でもね、親代わりになってくれる人など
そうそういないので、
自分らしさというものが不明確なまま
心の中心にぽっかり穴が空いているように
満たされない空虚感が続くのです。


★   ★

あなたは、あなたのままでいい。

自分を癒すこと。
自分をいたわること。

幼少期の満たされなかった自分を
今の自分が親となって愛を伝えてあげること。

今の自分から過去の自分に
優しいメッセージを毎日プレゼントしてあげましょう。

「辛かったのによく頑張ったね」
「悲しかったね」
「大丈夫だよ。ありがとう。大切な命を守れたね」

そんな言葉を自分の胸に手を当てながら
つぶやいてあげましょう。

苦しみを手放す勇気。
小さな勇気と小さな一歩。

「幸せになる準備はできている」を合言葉に。

★   ★

お客様の声

小松先生のカウンセリングを受けて
単に心が整理できスッキリというだけでなく
これからの人生を自信もって生きて良いんだという
勇気をもらいました。

★  ★
幸せになるための気づきは一瞬で浮かびます。
そのあとは、少しずつ。意識と行動が好転していくのです。

今ここ自分を大切に。

あなたの素晴らしさを、そっと応援しています。

 ★  ★

no,69  of  1000 (通算、2054)
自然体カウンセリング、自分らしさコーチング
土曜日の散歩道

ブログを読んで
良いインスピレーション、良いヒントがあれば幸いです。

Ps.
お客様の年齢層は、
20代~30代女性が多い傾向ですが

人生の幸せな方向を確認するために
20代~50代の女性、男性が広く来られています。

幸せになる準備ができる場所なのだと思います。

 ★   ★

『土曜日の散歩道』
あなたはあなたの感じるままでいいのです。
気楽にこころ心を散歩させてみましょう!!

大切なことは、自分の本心(価値を感じていること)をまず自分が知ることです。

ご自身の人生を豊かで幸せなものにするために。
癒しながら、じっくりと自分を見つめる時間と
人生の方向付けのサポートを提供しています。

感想やコメントをいただくとうれしいです。
メールアドレスはこちらです。
mail:sanpo301@gmail.com

★新ホームページできました★
東京 世田谷 カウンセリング コーチング 土曜日の散歩道

ホームページはこちらです。
東京 世田谷 カウンセリング コーチング 土曜日の散歩道

ご予約はこちらです。
東京 世田谷 心理カウンセリング メンタルコーチング 土曜日の散歩道
 
2018/10/16 08:36|アダルトチルドレンTB:0CM:0

アダルトチルドレン、心ブレーキからの開放(その3) 

今までは拙いながらも、
幸せのヒントに少しでもなるように
メッセージを伝えるブログを書くように心がけていました。

今、少し心境の変化があり自分の体験を交えて書いてみるのも
大切なことなのかなと思い至りました。

   ★   ★

実際のカウンセリング(コーチング)のときは、
「アダルトチルドレン」という言葉を語るのは、始まりのひと言くらいです。

そのあとの主題は
「具体的にどんな心理的なブレーキがあるか」
「生きづらさと心理的ブレーキをどう好転させていこうか」
などお客様のニーズによって変化します。
(心理カウンセラー、メンタルコーチとしてサポートいたします)

☆前回の途中の文章から

抜け出すための糸口は、
「もう無理だ」、という
自分の限界点をどんどん下げること。

つまり、我慢できるギリギリではなく
時間に余裕を持たせられるように
これ以上仕事を受けないようにすること。

そのために必要なこととして
勇気をもって、
人にどう思われているかを気にせず
少しずつ自分の言動を変えるトレーニングが必要だったのです。


ここから続く

上記からキーとなる文章を抽出してみました。


・自分の限界点をどんどん下げること。
・人にどう思われているかを気にしない。
・少しずつ自分の言動を変えるトレーニングが必要。

そして、もう一つ。
・心のブレーキからの開放。

(思いつくままに書くことにします)

タイトルを
心のブレーキからの「開放」としているのにも
意図があるのです。

本来なら。
心を囚われから「解放」するの「解」を使うのが
国語の正解なのですが、

「解く」という言葉は、問題の「解答」でも使うとおり
何か親子にとって良い解決方法はないか?
と頭の良い人ほどグルグル思考に陥ってしまうのです。

思考力をグルグルさせればさせるほど、
囚われている罠にハマり、
余計に抜け出せなくなるリスクが発生してしまうのです。

そう、親子関係は、簡単に断ち切れないとすると
いくら頭で考えても、解法はない、のかもしれませんよ。

じゃあ、どうしたら良いの!

解き方ではなく、開き方。
心を開く。
扉を開いて、家を出るのです。

囚われているのは、鍵のかけられた牢屋ではなく
心理的な呪縛であるということ。

金銭的に可能なら、家を出る。
金銭的に厳しいなら、心の距離を遠くに置く。

心理的な距離を少しずつ離すトレーニングが必要です。


★   ★

あなたは、あなたのままでいい。

まずは自分が心理的に自立する準備をすること。

過去よりも、今を生きること。
未来に希望を置いて、
ささやかなことで良いので一歩を踏み出す。

心理的な距離を置くことは
心細いとか寂しいと感じるかもしれないけれど

自分を守るために自分が行動しつつ
自分を癒すのです。


誰が認めなくても、
自分だけは自分を信じていよう。
愛は自分に与えてこそ育つもの。

苦しみを手放す勇気。
小さな勇気と小さな一歩。

「幸せになる準備はできている」を合言葉に。

今ここ自分を大切に。

あなたの素晴らしさを、そっと応援しています。

 ★  ★

no,68  of  1000
自然体カウンセリング、自分軸コーチング『土曜日の散歩道』

ブログを読んで
良いインスピレーション、良いヒントがあれば幸いです。

Ps.
お客様の年齢層は、
20代~30代女性が多い傾向ですが

人生の幸せな方向を確認するために
20代~50代の女性、男性が広く来られています。

幸せになる準備ができる場所なのだと思います。

 ★   ★

『土曜日の散歩道』
あなたはあなたの感じるままでいいのです。
気楽にこころ心を散歩させてみましょう!!

大切なことは、自分の本心(価値を感じていること)をまず自分が知ることです。

ご自身の人生を豊かで幸せなものにするために。
癒しながら、じっくりと自分を見つめる時間と
人生の方向付けのサポートを提供しています。

感想やコメントをいただくとうれしいです。
メールアドレスはこちらです。
mail:sanpo301@gmail.com

★新ホームページできました★
東京 世田谷 カウンセリング コーチング 土曜日の散歩道

ホームページはこちらです。
東京 世田谷 カウンセリング コーチング 土曜日の散歩道

ご予約はこちらです。
東京 世田谷 心理カウンセリング メンタルコーチング 土曜日の散歩道  
2018/10/15 08:20|アダルトチルドレンTB:0CM:0

アダルトチルドレン、心ブレーキからの開放(その2) 

拙いながらも、
幸せへヒントに少しでもなるように
メッセージを伝えるブログを書くように心がけていました。

今、少し心境の変化があり自分の体験を交えて書いてみるのも
大切なことなのかなと思い至りました。

   ★   ★

実際のカウンセリング(コーチング)のときは、
「アダルトチルドレン」という言葉を語ることははじめの数分です。

そのあとの主題は
「具体的にどんな心理的なブレーキがあるか」
「生きづらさと心理的ブレーキをどう好転させていこうか」
などお客様のニーズによって変化します。
(心理カウンセラー、メンタルコーチとしてサポートいたします)


実際の私もそうで、
自分に刷り込まれていた歪んだ価値観であり
いくつかあるブレーキの一つ
「どんなことにも好き嫌いなく平等に対応するべきである」によって

嫌いなものを我慢できる耐性と
好きなものを好きだと言えず受け取れない
自分の欲求を我慢して人にあわせてしまうという
本音と行動のギャップによる混乱がしばしば生じていました。

嫌いなものを我慢できる耐性を
言い換えると、
「粘り強い努力家」という良い部分にもなります。

僕の場合は、学校時代には、
嫌いと言えずに、野球部で球拾いを進んでしてしまい
結局1年間、ほぼ球拾いばかり、
なんていう笑えない事態に陥ったり

社会人になって、頑張り屋として認められる新入社員になったは良いけれど
「NO(今抱えている業務で手一杯です)」が言えないばかりに、
どんどん次々と仕事が振られてきてしまい、
気が付いたら3年間ほどずっと終電間際に帰宅するという
辛い状況に追い込まれてしまいました。

「いったい自分はどうすればここから抜け出せるの?」

この問いかけを続けながら、
「この仕事が終わればきっと休める」
「この期間を過ぎれば落ち着く」
と思って頑張り続けてしまうこことなり
燃え尽き症候群になってゆくのです。

ああ、辛かった。
ほんと、生きてて良かった。

抜け出すための糸口は、
「もう無理だ」、という
自分の限界点をどんどん下げること。

つまり、我慢できるギリギリではなく
時間に余裕を持たせられるように
これ以上仕事を受けないようにすること。

そのために必要なこととして
勇気をもって、
人にどう思われているかを気にせず
少しずつ自分の言動を変えるトレーニングが必要だったのです。

★   ★

あなたは、あなたのままでいい。

自分の好き嫌いを確認しよう。

そして、
本来持っている感覚に素直になろう。
何を感じているか、自分の気持ちをまっすぐに受け止めること。
言葉にならないもどかしさがあるなら
「なんだか分からないけど、モヤモヤしているよね」
でもいいのです。

小さな一歩は、他人の影響ではなく自分から始めること。

そして、誰が認めなくても、
自分だけは自分を信じていよう。

そしてもう一つ
手放す勇気。小さな勇気と小さな一歩。

苦しみを手放し幸せを受け入れる準備をしましょう。

出会いは喜びの始まり。
愛は自分に与えてこそ育つもの。

今ここ自分を大切に。

あなたの素晴らしさを、そっと応援しています。

 ★  ★

no,67  of  1000
自然体カウンセリング、自分軸コーチング『土曜日の散歩道』

ブログを読んで
良いインスピレーション、良いヒントがあれば幸いです。

Ps.
お客様の年齢層は、
20代~30代女性が多い傾向ですが

人生の幸せな方向を確認するために
20代~50代の女性、男性が広く来られています。

幸せになる準備ができる場所なのだと思います。

 ★   ★

『土曜日の散歩道』
あなたはあなたの感じるままでいいのです。
気楽にこころ心を散歩させてみましょう!!

大切なことは、自分の本心(価値を感じていること)をまず自分が知ることです。

ご自身の人生を豊かで幸せなものにするために。
癒しながら、じっくりと自分を見つめる時間と
人生の方向付けのサポートを提供しています。

感想やコメントをいただくとうれしいです。
メールアドレスはこちらです。
mail:sanpo301@gmail.com

★新ホームページできました★
東京 世田谷 カウンセリング コーチング 土曜日の散歩道

ホームページはこちらです。
東京 世田谷 カウンセリング コーチング 土曜日の散歩道

ご予約はこちらです。
東京 世田谷 心理カウンセリング メンタルコーチング 土曜日の散歩道  
2018/10/14 07:33|小さな勇気TB:0CM:0
Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 東京 世田谷 下北沢 (池ノ上) カウンセリングルーム ちょっと気楽に~(^o^)『土曜日の散歩道』 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.